2014.11.05

親善試合を観戦すべく、ローマ教皇とレアル指揮官がミラノに集結

ローマ教皇
CLのローマ戦当日にバイエルンの選手と対面したローマ教皇 [写真]=Bongarts/Getty Images

 今年のコパ・リベルタドーレスで優勝したアルゼンチンの名門サン・ロレンソは5日、トロフェオ・ルイジ・ベルルスコーニをかけてイタリアに遠征してミランと対戦する。

 この試合には、レアル・マドリードのカルロ・アンチェロッティ監督やローマ教皇もスタディオ・ジュゼッペ・メアッツァで観戦することが報じられている。

 2001年から2009年までミランを指揮していたアンチェロッティ監督は、来月のFIFAクラブワールドカップで対戦する可能性があるサン・ロレンソの視察を兼ねての観戦。一方、ブエノスアイレス出身のローマ教皇はサン・ロレンソの試合をイタリア国内で観られることから、ジュゼッペ・メアッツァを訪れることを決めたという。

 ローマ教皇は、熱心なサン・ロレンソのインチャ(サポーター)として有名。アルゼンチン国内では「ローマ教皇の御加護によりサン・ロレンソが勝つだろう」と報じるメディアまである。

(記事/Cartao Amarelo)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
16pt
ホッフェンハイム
14pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
18pt
ユヴェントス
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る