2014.08.14

欧州最優秀選手賞、最終候補3名はC・ロナウド、ノイアー、ロッベン

UEFA欧州最優秀選手賞の最終候補に残ったノイアー、ロッベン、C・ロナウド(左から) [写真]=Getty Images

 UEFA(欧州サッカー連盟)は公式サイト『UEFA.com』を通じて、2013-14シーズンUEFA欧州最優秀選手賞の最終候補3名を発表した。

 選ばれたのはバイエルン所属のドイツ代表GKマヌエル・ノイアー、同オランダ代表FWアルイェン・ロッベン、レアル・マドリード所属のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの3名。UEFA加盟国のジャーナリストの投票により、選出された。

 同賞は、バロンドールがFIFA最優秀選手賞と統合されたため、2011年に設立。ヨーロッパのクラブでプレーをしている選手を対象とし、これまで、2010-11シーズンはバルセロナ所属のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、2011-12シーズンは同スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ、2012-13シーズンはバイエルン所属の元フランス代表MFフランク・リベリーが受賞している。

 C・ロナウドは4年連続で最終候補3名に選ばれたが、これまで受賞歴はない。ノイアーとロッベンは初の最終候補者入りとなった。

 受賞者を決める最終投票は、8月28日にモナコで開かれるチャンピオンズリーグ・グループステージ組み合わせ抽選会で行われる。

 今回の発表では7月に発表されていた候補者10名のうち、4位から10位までの投票結果が出ている。4位以下は次の通り。

4位 トーマス・ミュラー(バイエルン/ドイツ代表)
5位 フィリップ・ラーム(バイエルン/元ドイツ代表)
5位 リオネル・メッシ(バルセロナ/アルゼンチン代表)
7位 ハメス・ロドリゲス(モナコ→レアル・マドリード/コロンビア代表)
8位 ルイス・スアレス(リヴァプール→バルセロナ/ウルグアイ代表)
9位 アンヘル・ディ・マリア(レアル・マドリード/アルゼンチン代表)
10位 ジエゴ・コスタ(アトレティコ・マドリード→チェルシー/スペイン代表)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
39pt
欧州順位をもっと見る