2014.07.31

元スコットランド代表FWビーティもインド参戦か…冬に移籍の可能性

ビーティー
2011-12シーズンにハーツでプレーしたビーティー [写真]=Getty Images

 ISL(インド・スーパー・リーグ)に所属するサルガオカーFCが、昨シーズン限りでダンディーFCとの契約切れた元スコットランド代表FWクレイグ・ビーティの獲得を目指しているようだ。インドメディア『タイムズ・オブ・インディア』が30日に伝えている。

 同メディアによれば、WBAやスウォンジーへの移籍が噂されてきたビーティだが、ケガの影響もあって移籍が実現していない状況だという。現在はサルガオカーFCに加わり、リハビリに取り組んでいる。同クラブを率いるデリック・ペレイラ監督はビーティの状況について次のように語った。

「彼はまだケガから回復し切れていない。ここ3カ月、まともに試合が出来ていないね。だけど、フィールドで見せる彼のプレーは、我々の興味を引くものだ。トレーニング中の彼の動きはとてもファンタスティックで、ボールタッチがとても柔らかい。しかし、機敏な動きはできないようだ。彼が試合に戻ることができるなら、当面はここでストライカーとして活躍してもらいたいね。まだ我々はビーティにオファーを提出していないよ」

 またペレイラ監督は同メディアに、2015年の1月の移籍マーケットでサルガオカーFC がビーティの獲得に動くかもしれないと明かしている。

(記事/超ワールドサッカー)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ボルシアMG
17pt
ブレーメン
17pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
エスパニョール
17pt
アラベス
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
19pt
欧州順位をもっと見る