2014.02.25

オリンピアコス指揮官がマンU戦へ抱負「相手に譲るつもりはない」

ミチェル
マンチェスター・U戦に臨むオリンピアコスのミチェル監督 [写真]=Getty Images

 25日に行われるチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグで、オリンピアコスと日本代表MF香川真司のマンチェスター・Uが対戦する。

 ホームでの一戦を前に、オリンピアコスのミチェル監督が展望を語った。『UEFA.com』がコメントを伝えている。

 ミチェル監督は、「このステージにたどり着けてうれしい。明日の試合が待ちきれないよ。懸かっているものは非常に大きく、相手に譲るつもりはない。もちろん経験は重要だが、我々には経験不足を克服するだけの力がある。ここにたどり着くために見せた熱い気持ちで戦えば、チームは善戦して、マンチェスター・Uを苦しめられるだろう。明日の夜は相手を倒すために、持てる力を出し尽くすつもりだ」と、抱負を語った。

 そして、チームの状況について、「2カ月前よりも調子は上がっている。ハードワークを続けて、どの選手もしっかり仕上がっている。選手たちのモチベーションはいつも以上に高く、プレーを待ち焦がれているよ」と、コメント。マンチェスター・Uの印象については、「一流のチームで、彼らの調子についてコメントするつもりはない。彼らはプレミアリーグでの現在の順位を考えると、ミスをするわけにはいかない。我々も、100パーセントの力で戦わないわけにはいかない」と、語った。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
16pt
ホッフェンハイム
14pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
18pt
ユヴェントス
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る