2018.06.10

【2010年 南アフリカW杯】史上初のアフリカ開催…ブブゼラの勇壮な音色の中、スペインが初の栄冠

スペイン
[写真]=FIFA/FIFA via Getty Images
サッカー総合情報サイト

史上初のアフリカ大陸開催となった2010年大会は、「開催国はグループステージを突破する」、「欧州勢はヨーロッパ大陸以外の開催地で優勝できない」といった様々な定説が破られる大会となった。それを象徴するかのように、「初戦で敗れたチームは優勝できない」というジンクスを打ち破ったスペインがトーナメントを制覇。突き詰めてきたポゼッションサッカーがついに花開き、ポルトガルやドイツ、オランダを下して頂点へと駆け上がった。その他ではウルグアイが40年ぶりのベスト4進出を果たして古豪復活をアピール。2大会連続2度目の出場となったガーナもベスト8に躍進した。日本と韓国のアジア勢は自国開催以外では初の決勝トーナメント進出を達成。一方で前回大会のファイナリスト、イタリアとフランスはそろってグループステージで姿を消した。

表彰

イケル・カシージャス

[写真]=FIFA/FIFA via Getty Images

◇優勝:スペイン
◇準優勝:オランダ
◇3位:ドイツ
◇FIFAフェアプレー賞:スペイン

◇ゴールデンボール(MVP):ディエゴ・フォルラン(ウルグアイ)
◇シルバーボール:ウェズレイ・スナイデル(オランダ)
◇ブロンズボール:ダビド・ビジャ(スペイン)
◇ゴールデンブーツ(得点王):トーマス・ミュラー(5得点/ドイツ)
◇シルバーブーツ:ダビド・ビジャ(5得点/スペイン)
◇ブロンズブーツ:ウェズレイ・スナイデル(5得点/オランダ)
◇ゴールデングローブ(最優秀GK):イケル・カシージャス(スペイン)
◇最優秀若手選手:トーマス・ミュラー(ドイツ)

大会を彩った選手たち

ディエゴ・フォルラン(ウルグアイ)

ディエゴ・フォルラン

[写真]=FIFA/FIFA via Getty Images

大黒柱としてウルグアイをベスト4に導き、上位3チームの選手たちを差し置いて大会MVPを受賞。南アフリカ戦とオランダ戦でのミドルシュート、ガーナ戦でのブレ球FK、ドイツ戦でのボレーシュートと、得点はいずれもファンの記憶に残るファインゴールだった。

トーマス・ミュラー(ドイツ)

トーマス・ミュラー

[写真]=FIFA/FIFA via Getty Images

ケガで大会出場を断念したミヒャエル・バラックに代わって「13番」を背負い、持ち前の技術とゴール嗅覚でドイツの3位入賞に貢献。当時20歳の若武者ながら5ゴール3アシストを記録してゴールデンブーツ賞を受賞。W杯初出場にして強烈なインパクトを残した。

イケル・カシージャス(スペイン)

イケル・カシージャス

[写真]=FIFA/FIFA via Getty Images

大事な初戦で失点につながるミスを犯した時は「軽率」、「判断ミス」と批判されたが、その後は“聖イケル”の名に恥じないプレーを披露。決勝トーナメントを無失点で乗り切った。オランダとの決勝ではアリエン・ロッベンとの一対一を二度にわたって制し、母国を初の世界制覇へ導いた。

ウェズレイ・スナイデル(オランダ)

ウェズレイ・スナイデル

[写真]=FIFA/FIFA via Getty Images

グループステージの日本戦で決めた強烈なミドルシュートを皮切りに、決勝トーナメントでは1回戦から準決勝まで3試合で4ゴールの荒稼ぎ。MFながらミュラー、フォルランと並ぶ通算5ゴールを挙げ、ブロンズブーツ賞とシルバーボール賞をダブル受賞した。

アサモア・ギャン(ガーナ)

アサモア・ギャン

[写真]=FIFA/FIFA via Getty Images

決勝トーナメント1回戦までに3ゴールを挙げてガーナをアフリカ勢3カ国目となるベスト8進出に導いた。しかし、ウルグアイとの準々決勝では延長戦の終了間際に得たPKを失敗。チームはPK戦の末に敗れ、「背番号3」の点取り屋は悲劇のヒーローとなった。

アンドレス・イニエスタ(スペイン)

アンドレス・イニエスタ

[写真]=FIFA/FIFA via Getty Images

延長までもつれたオランダとの決勝戦、0ー0で迎えた116分にその時はやってきた。セスク・ファブレガスのスルーパスに反応して抜け出すと、絶妙なトラップ&ボレーで決勝点をマーク。大会を通じてポゼッションスタイルを体現し続けたMFに最後の最後に見せ場が待っていた。

本田圭佑(日本)

本田圭佑

[写真]=FIFA/FIFA via Getty Images

岡田武史監督によって大会直前にセンターFWにコンバートされると、持ち前のキープ力と得点力で攻撃をけん引。カメルーンとの初戦で決勝点、デンマーク戦では35メートルの無回転FKを叩き込んでチームを決勝トーナメント進出に導いた。日本に新たなエースが誕生した瞬間だった。

日本代表

本番直前の親善試合で結果を残すことができず、岡田武史監督は大胆なメンバー変更に打って出る。川島永嗣が正GKとなり、アンカーポジションに阿部勇樹、最前線には本田圭佑を配置。さらに長谷部誠をキャプテンに抜擢した。カメルーンとの第1戦、本田の決勝点で完封勝利を挙げる。第2戦は今大会決勝に進出したオランダに敗れたものの、デンマークとの第3戦では本田と遠藤保仁の直接FKなどで3-1と勝利し、2大会ぶりの決勝トーナメントに駒を進めた。PK戦の末にパラグアイに敗れてベスト8とはならなかったが、堅守速攻をを見事に体現し日本のファンを沸かせた。

第1戦 カメルーン

本田圭佑

[写真]=FIFA/FIFA via Getty Images

【スコア】
日本 1-0 カメルーン

【得点者】
1-0 39分 本田圭佑(日本)

【スタメン】
GK21川島永嗣 DF3駒野友一 DF22中澤佑二 DF4田中マルクス闘莉王 DF5長友佑都 MF2阿部勇樹 MF17長谷部誠(88分 MF20稲本潤一) MF7遠藤保仁 MF8松井大輔(69分 FW9岡崎慎司) MF16大久保嘉人(82分 FW12矢野貴章) FW18本田圭佑

第2戦 オランダ

長谷部誠

[写真]=FIFA/FIFA via Getty Images

【スコア】
日本 0-1 オランダ

【得点者】
0-1 53分 ウェズレイ・スナイデル(オランダ)

【スタメン】
GK21川島永嗣 DF3駒野友一 DF22中澤佑二 DF4田中マルクス闘莉王 DF5長友佑都 MF2阿部勇樹 MF17長谷部誠(77分 FW9岡崎慎司) MF7遠藤保仁 MF8松井大輔(64分 MF10中村俊輔) MF16大久保嘉人(77分 FW20玉田圭司) FW18本田圭佑

第3戦 デンマーク

遠藤保仁

[写真]=FIFA/FIFA via Getty Images

【スコア】
日本 3-1 デンマーク

【得点者】
1-0 17分 本田圭佑(日本)
2-0 31分 遠藤保仁(日本)
2-1 81分 ヨン・ダール・トマソン(デンマーク)
3-1 87分 岡崎慎司(日本)

【スタメン】
GK21川島永嗣 DF3駒野友一 DF22中澤佑二 DF4田中マルクス闘莉王 DF5長友佑都 MF2阿部勇樹 MF17長谷部誠 MF7遠藤保仁(90+1分 MF20稲本潤一) MF8松井大輔(74分 FW9岡崎慎司) MF16大久保嘉人(88分 DF15今野泰幸) FW18本田圭佑

決勝トーナメント1回戦 パラグアイ

長谷部誠

[写真]=FIFA/FIFA via Getty Images

【スコア】
日本 0-0(PK 3-5)パラグアイ

【スタメン】
GK21川島永嗣 DF3駒野友一 DF22中澤佑二 DF4田中マルクス闘莉王 DF5長友佑都 MF2阿部勇樹(81分 MF14中村憲剛) MF17長谷部誠 MF7遠藤保仁 MF8松井大輔(65分 FW9岡崎慎司) MF16大久保嘉人(106分 FW11玉田圭司) FW18本田圭佑

南アフリカW杯 全結果

スペイン

[写真]=FIFA/FIFA via Getty Images

GROUP A
1位 ウルグアイ(勝ち点7/得失点差+4)
2位 メキシコ(勝ち点4/得失点差+1)
3位 南アフリカ(勝ち点4/得失点差-2)
4位 フランス(勝ち点1/得失点差-3)

南アフリカ 1-1 メキシコ
ウルグアイ 0-0 フランス
南アフリカ 0-3 ウルグアイ
フランス 0-2 メキシコ
メキシコ 0-1 ウルグアイ
フランス 1-2 南アフリカ

GROUP B
1位 アルゼンチン(勝ち点9/得失点差+6)
2位 韓国(勝ち点4/得失点差-1)
3位 ギリシャ(勝ち点3/得失点差-3)
4位 ナイジェリア(勝ち点1/得失点差-2)

韓国 2-0 ギリシャ
アルゼンチン 1-0 ナイジェリア
アルゼンチン 4-1 韓国
ギリシャ 2-1 ナイジェリア
ナイジェリア 2-2 韓国
ギリシャ 0-2 アルゼンチン

GROUP C
1位 アメリカ(勝ち点5/得失点差+1)
2位 イングランド(勝ち点5/得失点差+1)
3位 スロベニア(勝ち点4/得失点差0)
4位 アルジェリア(勝ち点1/得失点差-2)

イングランド 1-1 アメリカ
アルジェリア 0-1 スロベニア
スロベニア 2-2 アメリカ
イングランド 0-0 アルジェリア
スロベニア 0-1 イングランド
アメリカ 1-0 アルジェリア

GROUP D
1位 ドイツ(勝ち点6/得失点差+4)
2位 ガーナ(勝ち点4/得失点差0)
3位 オーストラリア(勝ち点4/得失点差-3)
4位 セルビア(勝ち点3/得失点差-1)

セルビア 0-1 ガーナ
ドイツ 4-0 オーストラリア
ドイツ 0-1 セルビア
ガーナ 1-1 オーストラリア
ガーナ 0-1 ドイツ
オーストラリア 2-1 セルビア

GROUP E
1位 オランダ(勝ち点9/得失点差+4)
2位 日本(勝ち点6/得失点差+2)
3位 デンマーク(勝ち点3/得失点差-3)
4位 カメルーン(勝ち点0/得失点差-3)

オランダ 2-0 デンマーク
日本 1-0 カメルーン
オランダ 1-0 日本
カメルーン 1-2 デンマーク
デンマーク 1-3 日本
カメルーン 1-2 オランダ

GROUP F
1位 パラグアイ(勝ち点5/得失点差+2)
2位 スロバキア(勝ち点4/得失点差-1)
3位 ニュージーランド(勝ち点3/得失点差0)
4位 イタリア(勝ち点2/得失点差-1)

イタリア 1-1 パラグアイ
ニュージーランド 1-1 スロバキア
スロバキア 0-2 パラグアイ
イタリア 1-1 ニュージーランド
スロバキア 3-2 イタリア
パラグアイ 0-0 ニュージーランド

GROUP G
1位 ブラジル(勝ち点7/得失点差+3)
2位 ポルトガル(勝ち点5/得失点差+7)
3位 コートジボワール(勝ち点4/得失点差+1)
4位 北朝鮮(勝ち点0/得失点差-11)

コートジボワール 0-0 ポルトガル
ブラジル 2-1 北朝鮮
ブラジル 3-1 コートジボワール
ポルトガル 7-0 北朝鮮
ポルトガル 0-0 ブラジル
北朝鮮 0-3 コートジボワール

GROUP H
1位 スペイン(勝ち点6/得失点差+2)
2位 チリ(勝ち点6/得失点差+1)
3位 スイス(勝ち点4/得失点差0)
4位 ホンジュラス(勝ち点1/得失点差-3)

ホンジュラス 0-1 チリ
スペイン 0-1 スイス
チリ 1-0 スイス
スペイン 2-0 ホンジュラス
チリ 1-2 スペイン
スイス 0-0 ホンジュラス

決勝トーナメント1回戦
ウルグアイ 2-1 韓国
アメリカ 1-2 ガーナ
ドイツ 4-1 イングランド
アルゼンチン 3-1 メキシコ
オランダ 2-1 スロバキア
ブラジル 3-0 チリ
パラグアイ 0-0(PK 5-3)日本
スペイン 1-0 ポルトガル

準々決勝
オランダ 2-1 ブラジル
ウルグアイ 1-1(PK 4-2)ガーナ
アルゼンチン 0-4 ドイツ
パラグアイ 0-1 スペイン

準決勝
ウルグアイ 2-3 オランダ
ドイツ 0-1 スペイン

3位決定戦
ウルグアイ 2-3 ドイツ

決勝
オランダ 0-1 スペイン

コカ・コーラ 公式ブランドサイト

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング