2017.11.17

元伊代表FWインザーギ監督、母国の敗退を嘆く「残念でならない」

インザーギ監督
元イタリア代表として活躍したインザーギ監督が母国のショッキングな敗戦に落胆を示した [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 元イタリア代表FWとして活躍し、現在はセリエBのヴェネツィアを指揮するフィリッポ・インザーギ監督が、同代表のワールドカップ予選敗退を嘆いた。イタリアメディア『トゥットメルカート』が16日に報じた。

 インザーギ監督は記者会見の場で、「イタリア人としてワールドカップを戦う姿を見れないのは残念でならない。ただ、熟考すべき時であると私は思う。謙虚な姿勢を取り戻し、もう一度主役の座に戻れるように再スタートを切る時だろう」と、母国のワールドカップ不在に落胆の意を示した。

 ヴェントゥーラ監督が解任され、空席となった次期代表監督については「アンチェロッティ監督が少しほかの候補者よりも前を行っている。多くの人にとって、アンチェロッティが監督に就任すれば満足の行くものだろう」と、かつての恩師の就任が理想的なものだと支持している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る