2017.11.16

伊サッカー連盟、ヴェントゥーラ監督に約1億円の契約解除金支払いへ

ジャンピエロ・ヴェントゥーラ
解任が発表されたヴェントゥーラ監督 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 イタリアサッカー連盟(FIGC)は、15日に解任した同国代表のジャンピエロ・ヴェントゥーラ監督に契約解除金として、約1億円を支払うことが分かった。イタリアメディア『メディアセット』が15日に報じている。

 イタリア代表は2018 FIFAワールドカップ ロシア欧州予選プレーオフ・セカンドレグで、スウェーデン代表を相手にスコアレスドロー。2試合合計0-1で敗れ、予選敗退が決まった。W杯本大会出場権を逃すのは、1958年以来60年ぶりのこととなった。 

 ヴェントゥーラ監督は予選敗退決定後、一度は辞任を表明。しかし、同連盟に去就を委ねたいとの意向を示し、自らの辞任を否定していた。15日には同連盟の総会が開かれ、ヴェントゥーラ監督の解任が決定。来年6月30日までの契約を結んでいたため、協会は契約解除の違約金として、86万6000ユーロ(約1億1500万円)を分割払いで支払うことになる。

 ヴェントゥーラ氏は1948年生まれの69歳。イタリア国内で数々のクラブを渡り歩き、2011-12シーズンからはトリノを率いてセリエA昇格へ導いた。昨年7月にイタリア代表指揮官に就任したが、W杯出場を逃し、解任が決まった。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る