2014.06.20

コロンビア、コートジボワールに競り勝ち連勝でベスト16進出へ前進

ハメス・ロドリゲス
先制点を決めたハメス・ロドリゲス [写真]=FIFA via Getty Images

 ブラジル・ワールドカップのグループリーグ第2節が19日に行われ、グループCではコロンビア代表とコートジボワール代表が対戦した。

 開幕戦で白星を飾った両者の対戦。コロンビアはギリシャ戦のスタメンから変更はなく、テオフィロ・グティエレスやハメス・ロドリゲスらが名を連ねた。コートジボワールは、日本戦からサロモン・カルーに代えてマックス・グラデルを起用。ヤヤ・トゥーレやウィルフリード・ボニーらが先発となり、ディディエ・ドログバはベンチスタートとなった。

 多くのサポーターが詰めかけたコロンビアは開始6分、ロングボールからフアン・クアドラードが落としたボールをグティエレスが狙い、この試合ファーストシュート。これは枠の左に外れた。

 球際での激しい攻防が見られるなど、一進一退の展開に。25分にコートジボワールはシェイク・ティオテがミドルで狙ったが、クロスバーを大きく越えた。28分にはコロンビアにチャンス。カウンターで自陣からクアドラードが前線左サイドのロドリゲスへ大きく展開。そのまま中央へクロスを送ったが、ゴール前でフリーのグティエレスはボールにミートできず。ゴール左に外してしまった。

 コートジボワールは31分、右サイドの高い位置でボールを奪うと、最後はセルジュ・オーリエがミドルシュートで狙ったが、GKダビド・オスピナががっちりと抑えた。前半は互いにノーゴールで終える。

 52分、コートジボワールはヤヤ・トゥーレがボールキープから粘ってFKを獲得。ゴールやや右の位置から自身で狙ったが、曲がりきらずに外れた。直後、コロンビアベンチが動く。ビクトル・イバルボに代え、フアン・キンテーロを投入する。

 コロンビアは59分、度々起点となっていたクアドラードがエリア内右でボールを受けると、角度のない位置から強烈なシュート。しかしGKブバカル・バリーが反応し、弾いたボールもクロスバーに当たって、得点とはならなかった。コートジボワールは直後、ウィルフリード・ボニーに代え、満を持してドログバがピッチに立つ。

 64分、試合が動く。左CKを獲得したコロンビアは、クアドラードが送ったボールにロドリゲスが強烈なヘディングで合わせると、ネットを揺らし、先制に成功する。ロドリゲスは2試合連続のゴールとなった。

 追いかける形になったコートジボワールはグラデルに代えてカルーを入れ、攻勢をかけ始めるが70分、コロンビアは相手陣内でセレイ・ディエからロドリゲスがボールをカット。グティエレスが拾うとスルーパスを受けたキンテーロがGKとの1対1を制して、追加点を挙げる。

 しかしコートジボワールも73分、左サイドからジェルビーニョがドリブルで仕掛けると、DF2人の間を抜けてペナルティエリア内に侵入。さらにDF1人をかわすと、ニアサイドにシュートを決め、1点を返す。同点を目指すコートジボワールは猛攻を仕掛けるが、マリオ・ジェペスを中心としたコロンビア守備陣がしのぎ切り、コロンビアが2-1で勝利した。

 24日に行われる第3節でコロンビアは日本、コートジボワールはギリシャと対戦する。

【スコア】
コロンビア 2-1 コートジボワール

【得点者】
1-0 64分 ハメス・ロドリゲス(コロンビア)
2-0 70分 フアン・キンテーロ(コロンビア)
2-1 73分 ジェルビーニョ(コートジボワール)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
13pt
バイエルン
12pt
ホッフェンハイム
11pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
15pt
ユヴェントス
15pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る