2014.06.19

日本代表が生き残りを懸けてギリシャ代表と対戦…スタイルを貫き勝ち点3獲得なるか

決勝T進出を果たすためにも勝ち点3獲得が求められる日本代表 [写真]=Getty Images

 コートジボワール戦で先制しながらも後半に立て続けに2点を奪われ、惜しくも初戦を落としてしまった日本は、同じく初戦で黒星を喫したギリシャと対戦する。

「今までのプレーができなかった」とアルベルト・ザッケローニ監督が語ったとおり、コートジボワール戦では相手のプレスに苦しみ、持ち前のパスワークが鳴りを潜めてしまった。ギリシャも同じような展開を狙ってくることが予想されるため、まずは自分たちのリズムで試合を進めることが大事だ。初戦で本来のパフォーマンスを披露できなかった香川真司や長友佑都の奮起に期待したい。また、初戦で警告を受けた吉田麻也、森重真人は、累積警告で次節出場停止にならないように注意を払う必要がある。

 初戦勝利チーム同士の対戦、コロンビアvsコートジボワールは、ハイレベルな攻防が期待できる一戦だ。コロンビアは堅守を誇るギリシャから3ゴールを記録。絶対的エース、ラダメル・ファルカオ欠場のショックは完全に払拭されたと言える。両サイドを駆使した厚みのある攻撃や華麗な個人技には要注目だ。一方のコートジボワールは、日本に先制を許したものの、後半に2点を奪って逆転勝ち。日本戦ではスーパーサブとして起用され、流れをガラリと変えたディディエ・ドログバだが、コロンビアの力量を考えると、この試合では先発起用される可能性もある。日本の決勝トーナメント進出の可能性を探る上でも見逃せない一戦だろう。

 グループDではウルグアイとイングランドが対戦。ともに初戦で敗れているだけに、重要度の高い試合となる。ディエゴ・ルガーノやディエゴ・フォルランら経験豊富なベテランで構成されたウルグアイに対し、ダニエル・スタリッジやダニー・ウェルベックら若手の多いイングランドがどう立ち向かうか。大会直前にひざを手術したウルグアイのルイス・スアレス、W杯で未だノーゴールが続くイングランドのウェイン・ルーニーと、ともにプレミアリーグで活躍する両チームのエースストライカーにも注目だ。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
57pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
42pt
バイエルン
36pt
ボルシアMG
33pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
38pt
セビージャ
33pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
39pt
欧州順位をもっと見る