2014.06.18

ウルグアイのスアレス、イングランド戦出場に意欲「戦える状態」

スアレス
コスタリカ戦でベンチから試合を眺めるスアレス [写真]=Getty Images

 ウルグアイ代表FWルイス・スアレスが、19日に行われるブラジル・ワールドカップのグループD第2節、イングランド代表戦に向けた意気込みを語った。『FIFA.com』が、コメントを掲載している。

 左ひざの手術を行ったスアレスは、14日に行われたグループD第1節のコスタリカ代表戦に出場しなかった。エースを欠いたウルグアイ代表は、1-3の敗戦を喫している。決勝トーナメント進出のためには、イングランド代表戦で敗れることは許されない状況の中、スアレスはプレーする可能性を示唆した。

「今は順調にリハビリをこなして、状態も良くなっている。既に100パーセントの状態だと思っているよ。もし100パーセントに戻っていないのならプレーはしない。試合勘は衰えているだろうけど、フィジカルは戦える状態にあるよ」

 またスアレスは、コスタリカ代表に敗れてからのウルグアイ代表サポーターの支えに感謝していると明かした。イングランド代表戦ではその恩返しをすると誓っている。

「コスタリカ代表に敗れてからの数日は本当に難しい時期だった。サポーターの支えには本当に感謝しているよ。ぜひとも穏やかに見ていてほしい。イングランド代表戦では最高の戦いを見せるつもりだ。僕たちを信頼してほしい。僕たちは勝ち進みたいと思っているし、最高のチームだと感じている」

(記事/超ワールドサッカー)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
90pt
マンチェスター・U
74pt
リヴァプール
71pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
シャルケ
56pt
ドルトムント
54pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
83pt
アトレティコ・マドリード
72pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
85pt
ナポリ
84pt
ローマ
67pt
欧州順位をもっと見る