FOLLOW US

出場停止明けのハーフナーが4試合ぶり出場…フィテッセはドロー

フル出場したハーフナー・マイク [写真]=VI-Images via Getty Images

 エールディビジ第20節が26日に行われ、日本代表FWハーフナー・マイクの所属するフィテッセとNECが対戦。昨年12月7日に行われたPSV戦での接触プレーの際、相手を負傷させたことで3試合の出場停止処分を受けていたハーフナーは、出場停止が解けて4試合ぶりに先発出場した。

 ホームで戦うフィテッセは、30分に右CKからダン・モリがヘディングシュートを叩き込み、先制に成功した。均衡を破ると、1点リードのまま、前半を折り返した。

 ところが、後半に入って追加点を奪えずにいると、71分にヤン・アリー・ファン・デル・ハイデンがゴール前でクリアミス。ペナルティエリア内にこぼれたボールを、NECのマイケル・ヒグドンに蹴り込まれて、試合を振り出しに戻された。

 同点に追いつかれると、フィテッセは勝ち越し点を奪えずにタイムアップを迎え、1-1で引き分けた。リーグ戦11試合負けなしの勝ち点41で、2位となっている。なお、ハーフナーはフル出場した。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO

LIVE DATA