FOLLOW US

世界王者の船出…アルゼンチン代表にメッシ、ディ・マリアら招集! ガルナチョらの“新世代”も

2023.03.04

W杯優勝メンバーに新世代も加わったアルゼンチン代表 [写真]=Getty Images

 アルゼンチンサッカー協会(AFA)は3日、3月の国際親善試合に臨むアルゼンチン代表メンバー35名を発表した。

 昨年末に開催されたFIFAワールドカップカタール2022にて、リオネル・スカローニ監督率いるアルゼンチン代表は9大会ぶり3度目の世界王者に輝いた。新たな船出となる3月のインターナショナルマッチウィークでは、23日にパナマ代表と、28日にキュラソー代表と対戦する。カタールW杯を終えてから初の国際親善試合は、2試合ともにアルゼンチン国内で開催予定だ。前者は『エスタディオ・モヌメンタル』、後者は『エスタディオ・ウニコ・マドレ・デ・シウダデス』が開催地。“凱旋試合”としてアルゼンチン2つの都市で開催される。

 今回発表されたメンバーはカタールW杯を戦った選手たちが中心となっている。W杯後の進退にも注目が集まっていたFWリオネル・メッシやFWアンヘル・ディ・マリアが招集されたほか、アルゼンチンの優勝に大きく貢献したMFロドリゴ・デ・パウルやMFエンソ・フェルナンデスも選出された。足首の負傷で現在は離脱を強いられているFWパプ・ゴメスもメンバーに入ってる。

 また、チームには“新世代”の選手たちも加わっている。マンチェスター・Uで日に日に存在感を増していくFWアレハンドロ・ガルナチョや、今冬の移籍市場でベレス・サルスフィエルドからマンチェスター・Cへと移籍した20歳のMFマキシモ・ペローネが初招集された。他にも、冬の移籍市場でエルチェに加入したDFラウタロ・ブランコ、同じタイミングで国内からブライトンへとステップアップしたMFファクンド・ブオナノッテも初の代表入り。さらに、若くしてアルゼンチンを飛び出してカターニアのユースに加入し、そこからインテルのユースへと移籍したバレンティン・カルボーニは、17歳ながら早くもA代表に招集されることとなった。

 今回AFAによって発表されたアルゼンチン代表のメンバー35名は下記の通り。

▼GK
フランコ・アルマーニ(リーベル・プレート)
ヘロニモ・ルジ(アヤックス/オランダ)
エミリアーノ・マルティネス(アストン・ヴィラ/イングランド)

▼DF
フアン・フォイス(ビジャレアル/スペイン)
ゴンサロ・モンティエル(セビージャ/スペイン)
ナウエル・モリーナ(アトレティコ・マドリード/スペイン)
ネウエン・ペレス(ウディネーゼ/イタリア)
ヘルマン・ペッセージャ(ベティス/スペイン)
クリスティアン・ロメロ(トッテナム/イングランド)
ニコラス・オタメンディ(ベンフィカ/ポルトガル)
リサンドロ・マルティネス(マンチェスター・U/イングランド)
ニコラス・タグリアフィコ(リヨン/フランス)
マルコス・アクーニャ(セビージャ/スペイン)
ラウタロ・ブランコ(エルチェ/スペイン)※初招集

▼MF
レアンドロ・パレデス(ユヴェントス/イタリア)
ギド・ロドリゲス(ベティス/スペイン)
エンソ・フェルナンデス(チェルシー/イングランド)
マキシモ・ペローネ(マンチェスター・C/イングランド)※初招集
エセキエル・パラシオス(レヴァークーゼン/ドイツ)
ロドリゴ・デ・パウル(アトレティコ・マドリード/スペイン)
ファクンド・ブオナノッテ(ブライトン/イングランド)※初招集
ティアゴ・アルマダ(アトランタ・ユナイテッド/アメリカ)
ジオヴァニ・ロ・チェルソ(ビジャレアル/スペイン)
アレクシス・マック・アリスター(ブライトン/イングランド)

▼FW
アンヘル・ディ・マリア(ユヴェントス/イタリア)
アンヘル・コレア(アトレティコ・マドリード/スペイン)
エミリアーノ・ブエンディア(アストン・ヴィラ/イングランド)
バレンティン・カルボーニ(インテル/イタリア)※初招集
リオネル・メッシ(パリ・サンジェルマン/フランス)
パウロ・ディバラ(ローマ/イタリア)
ラウタロ・マルティネス(インテル/イタリア)
フリアン・アルバレス(マンチェスター・C/イングランド)
アレハンドロ・ガルナチョ(マンチェスター・U/イングランド)※初招集
ニコラス・ゴンサレス(フィオレンティーナ/イタリア)
パプ・ゴメス(セビージャ/スペイン)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO