FOLLOW US

ナポリ指揮官、ミランに敗れて9位に後退も来季CL出場権獲得を諦めず「最後まで戦い抜く」

2024.02.12

ナポリを指揮するワルテル・マッツァーリ[写真]=Getty images

 ナポリを率いるワルテル・マッツァーリ監督が11日、同日に行われたセリエA第24節のミラン戦を振り返った。イタリアメディア「スカイ」が試合後のコメントを伝えている。

 8位に低迷する昨季王者のナポリは11日、敵地で3位のミランと対戦。25分にミランのフランス代表DFテオ・エルナンデスに先制点を許すも、試合終盤にかけて、ゴールに迫るシーンを多く作った。しかし、最後までゴールを決めきれず試合は終了し、ナポリは4試合ぶりの敗戦を喫している。

 試合後、マッツァーリ監督は「テオのゴールに繋がったプレーは、予測はしていた」と、語り、後方からのインナーラップで前線に飛び出してきたエルナンデスのゴールが防げたものであったことを強調。「ミスはあったが、誰がミスをしたとは言いたくない。ミランは前半に猛烈なプレッシャーをかけてきた。しかし、後半は予想通りだった。フォーメーションを変えたという事実とは無関係に、我々は良いプレーをしたからね」と、前半のミランの出来を認めつつ、後半の内容には自信を示した。

 11月からナポリを指揮する指揮官は自身の戦術について「状況に応じて変更できるのはいいことだ。フィオレンティーナ戦で3ゴールを決め、インテル戦でも守り切った3バックと、4-3-3の両方をうまく使いこなさなければならない。重要なのは、選手たちが私たちのやること、そして私が選手たちに求めていることを理解していることだ」と、臨機応変に戦い方を変える重要性を明かした。

 今節の敗戦を受け手9位に順位を下げたナポリだが、今季の目標について指揮官は以下のようにコメント。来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得を諦めていないことを強調した。

「まだ15試合残っている。我々はまず不調に陥っている選手を立ち直らせる必要がある。少なくとも4位に到達するために最後まで戦い抜くつもりだ」

 なお、来季のCL出場権が得られる4位のアタランタまでは、勝ち点「7」差となっている。

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

RANKINGナポリのニュースアクセスランキング

SOCCERKING VIDEO