FOLLOW US

チェルシー、ナポリFWクヴァラツヘリア争奪戦に参戦? 評価額は約163億円以上か

2023.11.24

多くのクラブから関心が寄せられているクヴァラツヘリア [写真]=Getty Images

 チェルシーが、ナポリに所属するジョージア代表FWフヴィチャ・クヴァラツヘリア獲得に関心を示しているようだ。23日、大手メディア『ESPN』が伝えている。

 現在22歳のクヴァラツヘリアは、母国・ジョージアのディナモ・トビリシの下部組織出身。2017年にトップチームデビューを果たすと、ジョージアやロシアのクラブを渡り歩いた後、2022年夏にナポリに完全移籍で加入した。加入後瞬く間に定位置を掴み、昨シーズンはリーグ戦34試合出場で12ゴール13アシストを記録。33年ぶりのスクデット獲得に大きく貢献し、リーグ最優秀選手にも選ばれていた。

 今シーズンもここまで公式戦15試合出場で3ゴール5アシストを記録するなど、中心選手として活躍しているクヴァラツヘリアには、マンチェスター・シティやレアル・マドリード、バルセロナ、ニューカッスルなど数多くのクラブから関心が寄せられていることが明らかになっている。

 そんななか、今回の報道によると、有望な若手選手を獲得するという補強戦略に沿うことからチェルシーもクヴァラツヘリアの争奪戦に参戦したという。

 しかし、クヴァラツヘリアとの契約を2027年6月30日まで締結しているナポリは、同選手の価値を1億ユーロ(約163億円)以上と評価しているほか、今年9月には契約延長交渉を行っていないとの声明も発表されていたものの、現在は改善された条件での新契約締結に向けた交渉も進んでいるとも報じられており、同選手獲得に向けた交渉は難航するものと見られている。

 また、ストライカーの補強が優先事項となっているチェルシーとしては、去就に注目が集まっているナポリに所属するナイジェリア代表FWヴィクター・オシムヘンの獲得にも興味を示しているようだが、果たして両選手を獲得することはあるのだろうか。

フヴィチャ・クヴァラツヘリアの関連記事

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

RANKINGフヴィチャ・クヴァラツヘリアのニュースアクセスランキング

SOCCERKING VIDEO