FOLLOW US

ユヴェントス、痛恨の逆転負けで優勝お預け…2位アタランタと勝ち点差6

ユヴェントスは劇的逆転ゴールを浴びて敗戦 [写真]=Getty Images

 セリエA第35節が23日に行われ、ウディネーゼユヴェントスが対戦した。

 前節4試合ぶりの勝利を収めた首位のユヴェントス。今節は16位のウディネーゼに勝利すれば、残り3試合で2位のアタランタとの勝ち点差が9となり、直接対決の成績で1勝1分けと上回っているため、ユヴェントスのセリエA9連覇が決まる。

 試合はユヴェントスが主導権を握り、42分に先制に成功した。マタイス・デ・リフトがペナルティエリア前で相手のクリアボールを拾うと、そのままの勢いで右足一閃。強烈なミドルシュートをゴール左隅に突き刺して先制点を決めた。

 だが、1点ビハインドで折り返したウディネーゼは52分、ケン・セマが左サイドからクロスを上げると、ファーのエリア右に走り込んだイリヤ・ネストロフスキがダイビングヘッドで合わせて同点のゴールネットを揺らした。

 追い付かれたユヴェントスは62分、キャプテンマークを巻いたパウロ・ディバラがエリア前から左足シュートを放ったが、GKフアン・ムッソにキャッチされる。76分にはクリスティアーノ・ロナウドがミドルシュートで狙ったが、これは枠を捉えられなかった。

 ユヴェントスはその後も勝ち越しを狙ったが、1点が遠い。すると、逆にウディネーゼがカウンターから逆転に成功。後半アディショナルタイム1分、セコ・フォファナがハーフウェイライン付近でボールを拾うと、力強いドリブルで持ち上がり、左足シュートを沈めて劇的逆転ゴールを決めた。

 試合はこのまま終了。ユヴェントスは逆転負けを喫して、今節での優勝を決めることはできず、2位のアタランタとの勝ち点差は6となった。一方、劇的勝利を収めたウディネーゼは4試合ぶりの白星で15位に浮上して残留へ前進した。

 次節、ユヴェントスは26日にホームでDF吉田麻也が所属するサンプドリアと、ウディネーゼは同日にアウェイでカリアリと対戦する。

【スコア】
ウディネーゼ 2-1 ユヴェントス

【得点者】
0-1 42分 マタイス・デ・リフトユヴェントス
1-1 52分 イリヤ・ネストロフスキウディネーゼ
2-1 90+1分 セコ・フォファナウディネーゼ

セリエA観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA