FOLLOW US

イブラ、今シーズン限りで現役引退の可能性が浮上…指導者転身を計画か

現役引退の可能性が浮上したイブラヒモヴィッチ [写真]=Getty Images

 ミランに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチに現役引退の可能性があるようだ。イギリス誌『FourFourTwo』が23日に伝えている。

 イブラヒモヴィッチは1981年生まれの38歳。ミランやバルセロナ、マンチェスター・Uなどヨーロッパ各国のビッグクラブを渡り歩き、数々のタイトルを獲得。昨年12月にメジャーリーグ・サッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシーを退団すると、古巣であるミランに復帰した。

 しかし、イブラヒモヴィッチは今シーズン終了後に現役生活にピリオドを打つ準備ができている模様。今回の報道によると、イブラヒモヴィッチはチーフ・フットボール・オフィサーを務めるズボニミール・ボバン氏の解任に不満を抱いており、ミランを離れることを検討しているようだ。

 なお、イブラヒモヴィッチは今シーズン終了後の現役引退を決断した場合、指導者としての道を歩み始める可能性が高いようだ。いずれにせよ、ピッチ上の王として君臨してきたイブラヒモヴィッチの引退はひとつの時代の終わりを意味することになりそうだ。

セリエA観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA