2019.10.04

バルサ、ウィリアン獲得に再熱? サッリ監督も再会希望で争奪戦勃発か

ウィリアン
ウィリアンはチェルシーを退団する可能性がある [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 バルセロナとユヴェントスはチェルシーに所属するブラジル代表MFウィリアンの獲得に関心を示している。4日にイタリア紙『カルチョメルカート 』が報じた。


 ウィリアンは2013-14シーズンにアンジ・マハチカラ(ロシア2部)からチェルシーへと加入。現在では公式戦通算300試合に出場54ゴール53アシストを記録しており、今シーズンからはクラブの10番を背負うこととなった。

 バルセロナは同選手に対して以前から関心を示していたが、今冬の移籍市場で再び獲得に向けて交渉を開始するようだ。一方、ユヴェントスを率いるマウリツィオ・サッリ監督も同選手との再会を希望しているという。

 チェルシーでは重要選手として起用されてきたウィリアンも今年で31歳。フランク・ランパード新監督の若手選手を中心としたチーム編成の中でも結果を残しているが、欧州の強豪クラブを前にステップアップを断念するのであろうか。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
46pt
レスター
38pt
マンチェスター・C
32pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
31pt
ライプツィヒ
30pt
ドルトムント
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
レアル・マドリード
34pt
セビージャ
31pt
欧州順位をもっと見る
インテル
38pt
ユヴェントス
36pt
ラツィオ
33pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング