2017.11.08

現役引退のピルロ、スタッフとしてW杯参加か? チェルシー行きの可能性も

アンドレア・ピルロ
現役を引退したピルロ [写真]=Corbis via Getty Images
全てのフットボールラバーに捧ぐWebマガジン

 今季限りでの現役引退を発表した元イタリア代表MFアンドレア・ピルロ。2015年からアメリカ・メジャーリーグサッカーのニューヨーク・シティFCでプレーしてきたが、ついにスパイクを脱ぐ決断を下した。イタリアメディア『La Repubblica』によると、ピルロはこの後しばらく休息を取り、イタリアに戻ってくる予定だという。

 引退後の選択肢については3つの可能性があると報じられた。

 まずはイタリアサッカー連盟の意向で、代表チームのスタッフとして2018 FIFAワールドカップ ロシアに参加する可能性が浮上した。なお、イタリアは今月11日、14日にスウェーデン代表とのプレーオフが控えている。

 また古巣であるユヴェントスでダヴィド・トレゼゲとともにクラブの大使として働き、レジェンズチームの一員として親善試合でプレーする可能性もあるとのこと。仮にレジェンズチームに参加することが決定すれば、日本でピルロのプレーを見れる機会があるかもしれない。

 さらに、深い関係を持つアントニオ・コンテ監督がチェルシーに呼び寄せるのではないかという説もあるようだ。

(記事提供:Qoly)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る