2016.10.27

長友が開幕戦以来のフル出場 崖っぷちインテルは5試合ぶり白星

長友佑都
開幕戦以来の先発出場を果たした長友佑都 [写真]=Inter via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 セリエA第10節が26日に行われ、日本代表DF長友佑都が所属するインテルとトリノが対戦した。長友は左サイドバックで2試合連続の先発出場を果たしている。

 インテルは直近の公式戦5試合で1勝4敗と絶不調。リーグ戦では3連敗中で14位に沈んでいる。この試合に結果によっては、フランク・デ・ブール監督が解任される可能性もあり、勝負の試合となる。

 最初にチャンスを作ったのはインテル。12分、エリア手前左でボールを持ったエデルがクロスを入れると、ファーサイドのアントニオ・カンドレーヴァが右足でダイレクトボレーシュート。しかし、ここは惜しくも右のサイドネットに外れてしまった。

 両チームともになかなか決定機を作れない時間が続いたが、35分にインテルが均衡を破る。エリア手前でカンドレーヴァがエベル・バネガからパスを受けると、タイミングを見計らってマウロ・イカルディへスルーパスを送る。ボールはやや長くなったが、飛び出したGKジョー・ハートが弾いたボールがイカルディに当ってゴール左に吸い込まれた。インテルはややラッキーな形で先制に成功。ハートとしては痛恨のプレーとなってしまった。

マウロ・イカルディ

イカルディのゴールでインテルが先制した [写真]=Inter via Getty Images

 続く42分、相手DFの裏に抜け出したイカルディがエリア手前左から右足シュートを狙ったが、ここは枠の左へ外れてしまった。このまま1-0でインテルがリードしてハーフタイムを迎える。

長友佑都

2試合連続で先発出場を果たした長友 [写真]=Inter via Getty Images

 後半立ち上がりの49分、再びインテルが相手ゴールに迫る。右サイドのクリスティアン・アンサルディからパスを受けたマルセロ・ブロゾヴィッチがコントロールしたシュートを狙ったが、ここは惜しくも枠の左へ外れてしまった。

 徐々にトリノが攻勢に出ると、63分にスコアが動く。GKハートが前線にロングフィードを送ると、マキシ・ロペスが前線で競り合い、ボールがこぼれる。これに反応したアンサルディとジェイソン・ムリージョが味方同士でぶつかってしまい、これを拾ったアンドレア・べロッティが右足で強烈なシュートを狙う。これがGKサミール・ハンダノヴィッチの手を弾きながらゴール右に決まり、トリノが同点に追いついた。

 直後の66分、右サイドのカンドレーヴァが上げたクロスを、ファーサイドのイカルディが頭で折り返し、最後はフリーのブロゾヴィッチがシュート。しかし、ボールは力なく相手DFにクリアされてしまい、この決定機を決めきれなかった。

 なんとか勝ち越したいインテル。88分、右サイドのカンドレーヴァがクロスを上げると、これは合わずに逆サイドに流れる。長友が拾い、途中出場のロドリゴ・パラシオに預けると、中央のイカルディへパスを入れる。するとイカルディが相手DFを背負いながら強引に右足シュート。これがゴール右上に決まり、インテルが再びリードを奪った。

マウロ・イカルディ

強引にシュートを放ったイカルディ(中央) [写真]=Inter via Getty Images

 試合はこのまま2-1で終了。インテルにとっては5試合ぶりのリーグ戦白星。ひとまずデ・ブール監督の解任は免れたようだ。なお、長友は開幕戦以来のフル出場を果たしている。

 次節、インテルはサンプドリアと、トリノはウディネーゼとそれぞれ敵地で対戦する。

【スコア】
インテル 2-1 トリノ

【得点者】
1-0 35分 マウロ・イカルディ(インテル)
1-1 63分 アンドレア・べロッティ(トリノ)
2-1 88分 マウロ・イカルディ(インテル)

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る