2016.08.22

攻撃時に「混乱をもたらした」 フル出場の長友、伊紙は厳しい評価 

長友佑都
キエーヴォ戦でフル出場を果たした長友佑都 [写真]=Inter via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 セリエA第1節が21日に行われ、キエーヴォと日本代表DF長友佑都の所属するインテルが対戦。長友は左サイドバックでフル出場を果たしたが、インテルは0-2と開幕黒星スタートとなった。

 イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、同試合の採点を発表。フル出場の長友には「5」と、評価は伸びなかった。(最低1点、最高10点)

 寸評では「いつものように惜しみないプレーをした。たくさん走った。しかし、ボールポゼッションの場面ではあまりにも(多くの)混乱をもたらしてしまった。サポートの部分がひどかった」と、運動量は評価されたものの、攻撃時のプレーに対して厳しい内容が記された。

 なお、インテルの最高点はフランス代表MFジョフレイ・コンドグビアで「6」、最低点はイタリア代表DFアンドレア・ラノッキアの「4」だった。両チームを通じた最高点は、2ゴールを挙げたキエーヴォのスロヴェニア代表MFヴァルテル・ビルサで「8」となっている。

 次節、インテルは28日にパレルモをホームに迎える。

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る