2016.05.23

イブラの後釜を探すPSG、イグアインと接触か…今季セリエAで36ゴール

イグアイン
今シーズンのセリエAで得点王を獲得したイグアイン [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ナポリに所属するアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインが、今夏パリ・サンジェルマンに移籍する可能性が浮上した。22日付のフランス紙『ル・パリジャン』が報じている。

 同選手は今シーズンのセリエAで36ゴールをマーク。得点王に輝き、66年ぶりに年間最多得点のリーグ記録を更新した。今夏の移籍が噂されており、チェルシーからの興味などが報じられている。

 そして同紙によれば、リーグ・アン王者であるパリ・サンジェルマンもイグアインに接触しているようだ。エースのスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチが退団するため、後釜としてイグアインの名前が挙がっている模様。同選手の兄で代理人を務めるニコラ・イグアイン氏が先々週末にパリを訪れていたという。移籍金は6000万ユーロ(約74億円)になると報じられている。

 パリ・サンジェルマンは過去にもナポリからストライカーを引き抜いた経緯があり、2013年にウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニを6400万ユーロ(約79億円)で獲得した。

 また、イグアインとパリ・サンジェルマンが接触するのも初めてではない。2012年に当時レアル・マドリードでプレーしていた同選手と交渉を行っていたが、その時は失敗に終わったという。ターゲットを変更した同クラブは、結果的にイブラヒモヴィッチと契約するに至ったようだ。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
85pt
マンチェスター・C
83pt
トッテナム
67pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
67pt
ドルトムント
66pt
ライプツィヒ
58pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
74pt
アトレティコ・マドリード
65pt
レアル・マドリード
61pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
84pt
ナポリ
67pt
インテル
60pt
欧州順位をもっと見る