2016.05.20

ミラン、元インテルのコヴァチッチ獲得へ…今季はレアルで定位置掴めず

コヴァチッチ
今季開幕前にインテルからレアルへ完全移籍で加入したコヴァチッチ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 日本代表FW本田圭佑が所属するミランが、レアル・マドリードのクロアチア代表MFマテオ・コヴァチッチの獲得に動いている。イタリア紙『レッゴ』が19日に報じた。

 報道によると、レアル・マドリードのフロレンティーノ・ペレス会長と親密な関係を築いているミランのアドリアーノ・ガッリアーニ副会長が、出場機会を失っているコヴァチッチの獲得を画策しているという。

 すでにガッリアーニ副会長はマドリードに赴き、コヴァチッチ獲得の意向をレアル・マドリード側に伝えたとも報じられている。なお、移籍形態は買い取りオプションが付随したレンタル移籍となるようだ。

 インテルに昨シーズンまで在籍したコヴァチッチにとって、ミラン移籍が実現すれば、2年ぶりのセリエA復帰となる。同選手は今シーズン、リーガ・エスパニョーラで25試合に出場したものの、先発出場はわずか8試合。レアル・マドリードで定位置を掴めず、今後はミランへの移籍オペレーションが加速することは十分に予想される。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
16pt
ホッフェンハイム
14pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
18pt
ユヴェントス
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る