2016.05.12

クローゼがMLS移籍か…ラツィオ、前線の後釜にパッツィーニ獲得へ

クローゼ、パッツィーニ
MLS移籍が報じられているクローゼ(左)とヴェローナのパッツィーニ(右) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 今シーズン限りで退団するとの見方が決定的となったラツィオの元ドイツ代表FWミロスラフ・クローゼの後継者として、ヴェローナのイタリア人FWジャンパオロ・パッツィーニが浮上していることがわかった。イタリア紙『コリエレ・デッロ・スポルト』が11日に報じている。

 現在37歳のクローゼは今シーズン限りでラツィオを退団する見通しだが、現役を続行する模様。MLS(メジャーリーグ・サッカー)のニューヨーク・レッドブルズが2年契約のオファーを提示したことも明るみとなっている。

 一方のパッツィーニは、ヴェローナと2020年6月30日まで契約を結んでいるものの、同クラブのセリエB降格が決定。降格が決まった場合は契約を破棄できるとの条項が含まれているため、退団が決定的と見られている。同選手は今シーズン、セリエA第37節終了時点で29試合に出場して6ゴールを記録している。

 なおラツィオは、パッツィーニの代理人と既に接触。現ラツィオ指揮官のシモーネ・インザーギ監督の代理人も務めるトゥッリオ・ティンティ氏と交渉を行っていると報じられた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る