2015.10.15

イタリア代表DFバルザーリ、ユーロ2016後の代表引退を決意

代表引退を表明したイタリア代表DFバルザーリ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ユヴェントスに所属するイタリア代表DFアンドレア・バルザーリは14日、イタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューに答え、ユーロ2016を最後に代表を引退する決意を明かした。

 バルザーリはインタビューの中で、「ユーロの後に代表を退くつもりだ。若手に出場機会を与えることがふさわしい」と語り、引退の理由を明かした。

 そして、18日に控えるセリエA第8節、日本代表DF長友佑都が所属するインテルとの“イタリア・ダービー”については、「真実の一戦。彼らを捕えたいのであれば、この試合に負けてはならない」と話し、順位を挽回するための負けられない一戦だと強調した。

 現在34歳のバルザーリは2004年11月にフィンランド代表とのテストマッチで代表デビュー。優勝した2006年FIFAワールドカップでも2試合に出場し、通算52試合の代表キャップ数を誇る。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る