2015.05.25

強豪クラブ注目のディバラ、ユーヴェ行きを断言「必要としてくれた」

パウロ・ディバラ
チームメイトに胴上げされるディバラ(中央上)[写真]=Getty Images

 パレルモのアルゼンチン人FWパウロ・ディバラが24日、ユヴェントス行きを自ら打ち明けた。

 すでにユヴェントスとの個人合意が報じられていたディバラは、2-3と敗れた今シーズンのホーム最終戦であるフィオレンティーナ戦後に移籍を断言した。イタリア紙『トゥットスポルト』が伝えている。

 試合後に、クラブのマウリツィオ・ザンパリーニ会長と抱擁し、またチームメイトから胴上げされたディバラは、「ユーヴェを選択したのは、最も自分を必要としてくれたクラブだからだ。僕を獲得するために、尽力していた。そのことを僕はとても評価している。ユーヴェでは5年連続のスクデットを取りに行く。ユーヴェは常に優勝を欲し、自分も同じメンタリティーを持ってプレーする。自分もユーヴェとともに、勝利を手にすることができるだろう」と、ユヴェントス行きを選択した理由を激白した。

 そして、パレルモについては「3年間を過ごしたことを忘れることはできない。とても素晴らしい思い出だ。このパレルモの町、チームメイト、サポーターそしてクラブのことは決して忘れない」と感傷に浸った。

 今シーズン、ユヴェントスをけん引したアルゼンチン代表FWカルロス・テベスにも言及。「テベスが出て行くことは最良ではない。彼から学ぶことは多い。残って欲しいと思う。自分はワントップでもセカンドトップでもプレーできる。監督の判断に委ねたい。ユーヴェが自分の獲得のためにあまりにも多くの金額を費やしたという人もいるが、投資が正しいものだということを証明したい」と語り、新天地での活躍を誓っている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る