2014.08.09

ビダル獲得を狙うマンU…プランBは長友の同僚MFグアリンか

グアリン
マンUからの興味が伝えられたインテルMFグアリン [写真]=Getty Images

 日本代表DF長友佑都が所属するインテルの同僚、コロンビア代表MFフレディ・グアリンが、日本代表MF香川真司が所属するマンチェスター・Uへ移籍する可能性が出てきたようだ。イギリス紙『インデペンデント』が7日に伝えている。

 同紙によると、マンチェスター・Uを率いるルイス・ファン・ハール監督は、現在交渉中と報じられているユヴェントス所属のチリ代表MFアルトゥーロ・ビダルの獲得に失敗した際のプランBとして、グアリンの獲得に興味を示している模様だ。

 これに対し、現在グアリンが所属しているインテル側も、パルマのFWジョナタン・ビアビアニーら、獲得を狙う新戦力の資金ねん出や出場機会確保のために、同選手の移籍を望んでいると見られている。

 現在28歳のグアリンは2013-14シーズン、セリエAで26試合に出場し4得点を記録。ブラジル・ワールドカップに出場したコロンビア代表にも選出されており、日本代表との対戦時には先発出場を果たしていた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
49pt
マンチェスター・U
38pt
チェルシー
35pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
38pt
シャルケ
29pt
ライプツィヒ
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る