2014.02.10

伊紙、長友佑都に及第点も「混乱を招くプレーがあった」

長友佑都
サッスオーロ戦終盤、キャプテンマークを巻いてプレーした長友 [写真]=Getty Images

 セリエA第23節が9日に行われ、日本代表DF長友佑都の所属するインテルは、ホームでサッスオーロと対戦。1-0で、2014年初勝利となる公式戦7試合ぶりの白星を挙げた。

 長友はフル出場するとともに、途中交代したアルゼンチン代表DFワルテル・サムエルに代わり、80分からキャプテンマークをつけた。

 イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、同試合の採点を発表。長友には及第点となる「6」(最高点10、最低点1)が与えられた。

 同紙は、「いつものように何度もボールをかき回したが、しばしば明確なプレーよりも混乱を招くプレーがあった。彼にとって良かったのはフアン・ジェズスが背後にいたこと。背後のスペースに注意を欠くことがあった」と、長友のプレー内容に注文をつけている。

 なお、最高点はサムエルに与えられた「7」、最低点はディエゴ・ミリートの「5」となっている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
56pt
トッテナム
51pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
46pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
56pt
ナポリ
47pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る