FOLLOW US

ブレーメン、昇降格PO第1戦は本拠地で手痛いドロー…大迫は84分までプレー

ブレーメンとハイデンハイムはドロー [写真]=Getty Images

 ブンデスリーガ昇降格プレーオフ第1戦が行われ、1部16位のブレーメンが本拠地で2部3位のハイデンハイムと対戦した。

 ブンデスリーガ最終節でケルンに大勝し、プレーオフ圏内に滑り込んだブレーメン。同試合で2得点を記録したFW大迫勇也も先発出場し、コソボ代表FWミロト・ラシツァやドイツ人FWニクラス・フュルクルクと前線を形成する。

 今シーズンわずか2勝と苦しんだ本拠地での試合は雨模様となり、ブレーメンは主導権を握りながらも崩しきれない展開が続く。シュートにすらたどり着けない状態の中、28分に大迫がFKからヘディングを放ったが決めきれず。

 後半に入ってもブレーメンはハイデンハイムのマンマークに苦しみ、ボールを保持しながらチャンスを生み出せない。そこでドイツ人MFレオナルド・ビッテンコートやフィン・バルテルスを次々に投入すると、そのバルテルスのクロスから大迫がシュート。しかし再び枠の外へ。大迫は84分までプレーした。

 試合を掌握しきれなかったブレーメンは87分、主将のフィンランド代表DFニクラス・モイサンデルが2枚目のイエローカードを受けて退場。さらにアディショナルタイムには、CKからハイデンハイムのDFティモ・ベールマンに至近距離でヘディングシュートを放たれるが、ゴール左へ外れた。

 試合はそのままスコアレスで終了。7日にハイデンハイムの本拠地で第2戦が行われる。

【スコア】
ブレーメン 0-0 ハイデンハイム

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA