FOLLOW US

バイエルンFW、7連覇へ意欲…首位ドルトムントは「安定していない」

ブンデスリーガ7連覇への意欲を語ったヴァーグナー [写真]=TF-Images via Getty Images

 バイエルンに所属するドイツ代表FWザンドロ・ヴァーグナーが、チームの現状や首位ドルトムントについてコメントした。ドイツ誌『kicker』日本語版が15日に報じている。

 ヴァーグナーは自身があまり出場機会を得られていないことについて「どうでもいい」と強調しつつ、チームの状況について「順位表で5位なんて、目にするのが辛いよ。それは決してバイエルンに期待されているものではないからね」とコメント。ブンデスリーガ第11節終了時点で6勝2分け3敗、勝ち点「20」で5位となっている現状への不甲斐なさを口にした。

「僕たちはブンデス王者にならなければいけない。今シーズンもね。国内において、抜きん出た存在なのだからね」

 前人未到のブンデスリーガ7連覇への意欲を示したヴァーグナーは、11日の直接対決で2-3と敗れた首位ドルトムントについて「そこまで安定しているわけではない。前回の戦いでも言えたことだよ。(バイエルンが)しっかりプレーさえしていれば、前半は2-0か3-0だったし、それでドルトムントは追いつくことができなかったはずだ」と語っている。

 そしてヴァーグナーは「優勝以外(の結果)なら、大きな失望だ」と断言。左ひざじん帯の損傷が14日に発表されたコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスについては「彼の離脱は2倍痛い。重要な選手で、ベストプレーヤーだと思う」と心境を明かしている。

 バイエルンは現在5位で、ドルトムントとの勝ち点差は「7」。前人未到の7連覇達成へ、巻き返していきたいところだ。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA