2018.04.07

ドルトムント指揮官、負傷中の香川に言及「シーズン終盤で大きな役割を…」

香川真司
現在負傷のため離脱中の香川 [写真]=Borussia Dortmund/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 現在負傷のため戦線を離脱している日本代表MF香川真司について、ドルトムントのペーター・シュテーガー監督がコメントした。同日付のクラブ公式サイトが伝えている。

 香川は2月10日に行われたブンデスリーガ第22節ハンブルガーSV戦で左足首を負傷し、戦線離脱を強いられていた。シュテーガー監督は4月8日に行われるブンデスリーガリーガ第29節シュトゥットガルト戦の試合前会見で、香川の状態について以下のように語った。

「かなり良くなっている。いつから全体練習に合流するとは言えないが、シーズン終盤戦で大きな役割を果たしてくれるものと期待している」

 続けてシュテーガー監督は、同じく負傷のため戦線を離脱していたウクライナ代表FWアンドリー・ヤルモレンコにも言及。既に全体練習に復帰しており、シュトゥットガルト戦で起用する可能性があることを示唆した。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る