2016.07.19

香川所属のドルト、アジア向けオンラインショップを新設…日本語など4カ国語対応

香川真司
ドルトムントのアジア向けオンラインショップが開設された ©Borussia Dortmund
ドルトムント公式日本語HP

 日本代表MF香川真司が所属するドルトムントは、アジアのファンとより密接で親密な関係を築くべく、アジア各国でオンラインショップを展開しているEZ Shopと提携。中国のWeChatや日本のLINEでも公式アカウントを立ち上げることになった。クラブ公式HPの日本語版が伝えた。

 オーストラリア、ニュージーランド、中国、マカオ、台湾、韓国、日本、タイ、マレーシア、シンガポール、インドネシア、ブルネイ、パプアニューギニア、フィリピン、ベトナム、カンボジア、ラオスといった各国のドルトムントファンは、中国語、日本語、韓国語、英語の4カ国語対応のオンラインショップを利用できるようになる。

 香川もこのニュースを喜び、「自分の祖国である日本を始め、アジア各国で何百万人ものファンがドルトムントをサポートしてくれているのは知っていますし、とても誇らしく思っています。そうしたファンがドルトムントのユニフォームやグッズを簡単に購入できるようになり、それぞれの思いを表現できるようになるのは本当に素晴らしいですね」と語った。

 ドルトムントはインターナショナル・チャンピオンズ・カップ 2016に出場するため、21日から中国ツアーを開始。22日に上海でマンチェスター・U(イングランド)と、28日に深センでマンチェスター・C(イングランド)とそれぞれ対戦する。なお、試合に先駆けて2016-17シーズンの新ユニフォームの販売が開始されている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る