2016.05.09

シュトゥット降格危機、フランクとブレーメンは直接対決/ブンデス残留争い

フランクフルトとブレーメン、シュトゥットガルト(左から)が残留を懸けて最終節へ [写真]=Bongarts/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ブンデスリーガ第33節が7日に行われ、今シーズンは残り1試合に。日本代表DF酒井宏樹と同MF清武弘嗣、同MF山口蛍が所属するハノーファーはすでに2部降格が決定し、残り1つとなった降格枠を巡る戦いは3クラブが対象となった。

 ハノーファーの2部降格が第31節終了時点で決定し、2部への自動降格枠が残り1つとなった今シーズンのブンデスリーガ。15位以下の3クラブが残留を懸けて最終節に臨むこととなった。

 降格圏内の17位に沈んでいるのはシュトゥットガルトだ。第33節ではマインツに1-3と完敗し、5連敗で8試合勝ちなしと苦しんでいる。16位はブレーメンで、勝ち点は「35」。17位シュトゥットガルトとの勝ち点差は「2」となっている。そして、日本代表MF長谷部誠の15位フランクフルトは第33節で日本代表MF香川真司が所属する2位ドルトムントを1-0で破り、3連勝で勝ち点を「36」に伸ばした。

 14日の最終節では、17位シュトゥットガルトはヴォルフスブルクとアウェーで対戦し、15位フランクフルトと16位ブレーメンは直接対決に臨む。シュトゥットガルトが自動降格圏から脱するためには、まずは勝利を収めなければならない。そのうえでライバルたちの結果を待つこととなる。

 各クラブの立場から1部残留・2部降格の条件を整理する。なお16位でリーグ戦を終えた場合は、2部3位のニュルンベルクとの昇降格プレーオフに回ることとなる。

■15位:フランクフルト(勝ち点36、得失点差-17)
(1)勝利(勝ち点39):1部残留(15位以上)
(2)引き分け(勝ち点37):1部残留(15位以上)
(3)負け(勝ち点36)
シュトゥットガルト●△:昇降格プレーオフへ(16位)
シュトゥットガルト○:(得失点差を逆転されなければ)昇降格プレーオフへ(16位)

■16位:ブレーメン(勝ち点35、得失点差-16)
(1)勝利(勝ち点38):1部残留(15位以上)
(2)引き分け(勝ち点36)
シュトゥットガルト●△:昇降格プレーオフへ(16位)
シュトゥットガルト○:(得失点差を逆転されなければ)昇降格プレーオフへ(16位)
(3)負け(勝ち点35)
シュトゥットガルト●△:昇降格プレーオフへ(16位)
シュトゥットガルト○:2部降格(17位)

■17位:シュトゥットガルト(勝ち点33、得失点差-23)
(1)勝利(勝ち点36)
ブレーメン○(フランクフルト●):(フランクフルトとの得失点差を逆転すれば)昇降格プレーオフへ(16位)
ブレーメン△(フランクフルト△):(ブレーメンとの得失点差を逆転すれば)昇降格プレーオフへ(16位)
ブレーメン●(フランクフルト○):昇降格プレーオフへ(16位)
(2)引き分け(勝ち点34):2部降格(17位)
(3)負け(勝ち点33):2部降格(17位)

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
64pt
マンチェスター・C
48pt
レスター
45pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
40pt
バイエルン
36pt
ボルシアMG
35pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
レアル・マドリード
43pt
アトレティコ・マドリード
35pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
51pt
インテル
47pt
ラツィオ
45pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング