FOLLOW US

武藤がブンデス初ゴールを含む2得点…全3得点に絡みチームを連勝に導く

初ゴールを決めて喜ぶ武藤(左)[写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ第3節が29日に行われ、日本代表FW武藤嘉紀が所属するマインツと同DF酒井宏樹とMF清武弘嗣が所属するハノーファーが対戦した。武藤、酒井宏は揃って2試合連続の先発出場。武藤は2トップの一角で、酒井宏は右SBで起用され、清武は負傷の影響によりメンバー外となっている。

 前節、マインツはボルシアMGに2-1で勝利を収め、今シーズン初白星を挙げた。チームの調子は徐々に上がっており、ホームで連勝を飾りたい。一方、ハノーファーは1分け1敗で未勝利が続いており、敵地で初勝利を持ち帰りたいところだ。

 試合は0-0で迎えた15分にマインツが最初の決定機をものにする。エリア内で武藤がハイロからスルーパスを受けると、落ち着いて左足でゴール右に流し込んだ。武藤にとっては待望のブンデスリーガ初ゴールで、チームにとっても貴重な先制ゴールとなった。

 続く29分には左CKのクロスボールがファーサイドに流れ、シュテファン・ベルがヘディングで折り返したボールを中央でフリーになっていた武藤が頭で押し込み、この試合2点目を奪った。武藤の活躍により、マインツが2点をリードして前半終了を迎えた。

 後半立ち上がり、今度は武藤が守備で魅せた。47分、相手DFが最終ラインでパスを回すと、武藤が前線でチェイシング。ゴール前で相手のパスミスを誘うと、これを拾ったユヌス・マッリがGKとの一対一を制し、後半開始早々に3点目を獲得した。

 武藤はその後もチームの攻撃の中核を担う。60分には中盤から右足で強烈なミドルシュートを放ったが、ここはわずかに枠の右上に外れた。

 まずは1点を返したいハノーファー。66分に右CKを獲得すると、エドガー・プリプのクロスから酒井宏がヘディングシュートを放ったが、ここはわずかにゴールの右上に外れてしまった。

 3点をリードしたマインツは87分に、武藤を下げてフロリアン・ニーデルレヒナーを投入した。

 その後、ハノーファーは同点ゴールを目指して猛攻に出たが、決定機を生かせず1点も返すことができない。このまま3-0でホームのマインツが勝利を収め、2連勝を飾っている。なお、武藤は87分まで出場、酒井宏はフル出場を果たしている。

 次節、マインツは敵地でDF内田篤人が所属するシャルケと、ハノーファーはホームで日本代表MF香川真司が所属するドルトムントと対戦する。

【スコア】
マインツ 3-0 ハノーファー

【得点者】
1-0 15分 武藤嘉紀(マインツ)
2-0 29分 武藤嘉紀(マインツ)
3-0 47分 ユヌス・マッリ(マインツ)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA