2015.07.10

ゲッツェ、新季に備え休暇返上で肉体検査「数%でも能力を上げたい」

ゲッツェ
バイエルンに所属するドイツ代表MFゲッツェ [写真]=Bongarts/Getty Images

 バイエルンに所属するドイツ代表MFマリオ・ゲッツェが、休暇を返上し肉体のチェックを行った。8日、ドイツ紙『ビルト』が伝えている。

 すでにバイエルンは1日からプレシーズンの練習をスタートしているが、代表選手の合流は11日。しかしゲッツェは自身の意向によりケルンへ赴き、同都市の体育大学で専門診断士のもと、持久力や筋力、瞬発力、ジャンプ力などを調べたという。同紙には、ランニングマシーン上で酸素マスクを口に当てている姿や、体のいたるところにセンサーを付けジャンプをしている同選手の写真も掲載されている。

 同紙の取材に対しゲッツェは「そうだよ、シュポホ(ケルン体育大学)にいた。いつも最大のパフォーマンスを出したいと思っているし、このような個人プログラムで数パーセントでも能力を上げたいと思っているからね。そうすれば長いシーズンを戦う上でチームを助けることができるんだ。それにここを訪れると専門知識に触れられてとても面白いよ」と話している。

 なお、極めて良好だった検査結果は、バイエルンのフィットネスコーチであるホルガー・ブロイヒ氏にも伝えられた模様だ。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る