2015.05.30

ドルトムント、U-20ドイツ代表MFヴァイグルを獲得か

ユリアン・ヴァイグル
1860ミュンヘンに所属するヴァイグル(左)[写真]=Bongarts/Getty Images

 日本代表MF香川真司が所属するドルトムントに、19歳の有望株が加わることになったと28日、ドイツ紙『ビルト』が伝えている。

 それによると、日本代表DF長友佑都が所属するインテルや、プレミアリーグのトッテナムも獲得に動いていたと噂される、ブンデスリーガ2部1860ミュンヘンのU-20ドイツ代表MFユリアン・ヴァイグルが、来シーズンからドルトムントでプレーすることが決まったという。移籍金は約250万ユーロ(約3億4000万円)と見られている。

 また同紙によると、ヴァイグルがドルトムントを選んだ理由は、同選手のアイドルであるMFスヴェン・ベンダーが所属しているからだという。

 現在レヴァークーゼンに所属するMFラース・ベンダー、そしてその双子の兄弟であるスヴェンはかつて1860ミュンヘンの下部組織からプロデビュー。その後ブンデスリーガの強豪クラブへ移籍しドイツ代表に登りつめただけに、ヴァイグルにとってベンダー兄弟は、自分の思い描くキャリアを歩んでいるお手本のような存在だそうだ。

 同選手はニュージランドで開催されるU-20ワールドカップに出場した後に、チームへ合流する予定となっている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
6pt
リヴァプール
6pt
チェルシー
6pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
3pt
バルセロナ
3pt
レバンテ
3pt
欧州順位をもっと見る
アタランタ
3pt
エンポリ
3pt
ユヴェントス
3pt
欧州順位をもっと見る