2015.05.01

ブンデス第31節で日本人7選手先発か…独誌は香川をベンチ予想

ドルトムントの日本代表MF香川真司 [写真]=Bongarts/Getty Images

 今週末に行われるブンデスリーガ第31節を控え、ドイツ誌『キッカー』が各チームの予想スタメンを掲載。日本人7選手が、先発出場する見込みとなった。

 2日に行われる試合では、フランクフルトの長谷部誠と乾貴士がブレーメン戦で先発すると見込まれた。ハノーファーでは、清武弘嗣がヴォルフスブルク戦での先発出場が濃厚だが、酒井宏樹はベンチスタートと予想された。シャルケとシュトゥットガルトの一戦では、シュトゥットガルトの酒井高徳が先発出場すると見られる一方、シャルケの内田篤人は負傷欠場と伝えられた。

 また、同日にアウクスブルクと対戦するケルンでは、大迫勇也が先発濃厚となったが、長澤和輝は控えと見られている。ドルトムントの香川真司も、ホッフェンハイム戦でベンチスタートと予想された。

 3日の試合では、マインツの岡崎慎司がハンブルガーSV戦でのスタメン出場が見込まれている。ボルシアMG戦に臨むヘルタ・ベルリンの原口元気は先発、細貝萌はベンチとそれぞれ報じられた。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る