2015.04.26

快勝に満足感示すクロップ監督「香川の2点目は素晴らしかったね」

ドルトムントを率いるクロップ監督 [写真]=Borussia Dortmund/Getty Images

 日本代表MF香川真司が所属するドルトムントは25日、ブンデスリーガ第30節で同代表のMF長谷部誠とMF乾貴士が所属するフランクフルトと対戦し、2-0で勝利した。

 試合後、チームを率いるユルゲン・クロップ監督がインタビューに応えた。クラブ日本語版公式HPが伝えている。

 一時は2部降格の危機にも瀕したドルトムントだったが、連勝で暫定8位まで浮上し、来シーズンの1部残留をほぼ確定させた。クロップ監督は、この日の快勝について「立ち上がりは退屈な展開で、スペースを上手く使うことができていなかった。でも(香川が決めた)2点目は素晴らしかったね」と振り返り、序盤は上手くいかなかったものの、32分に香川が得点した場面について称賛した。

 続けて「後半には多くのチャンスをつくったので、さらにリードを広げていてもおかしくなかった。しかし、全体的には納得しているし、2-0の勝利に心から満足している」と、一定の満足感を示している。

 残留をほぼ確定させたことについては「我々にとって大切な日だった」とコメント。次の目標については「ヨーロッパリーグ戦出場圏内までの勝ち点差が残り試合数より少なくなれば、まだ可能性があることを意味する。その差はわずか3ポイントで、ここから先は、やるか、やられるかだ。なんとかして出場権を手に入れたい」と、ヨーロッパリーグ出場権を退任前の置き土産としたい意向を明かした。

 一方で、その前に控えた28日のDFBポカール準決勝バイエルン戦については「このタイトルを是が非でも手にしたい、強い気持ちに満ちたパフォーマンスを披露したい。何かを成し遂げるつもりでバイエルンに臨みたいね」と、王者撃破への意気込みを語っている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る