FOLLOW US

フル出場の長谷部、地元紙が高評価「チームを整えたピッチ上のボス」

ボルシアMG戦でフル出場した長谷部誠 [写真]=Bongarts/Getty Images

 日本代表MF長谷部誠と同MF乾貴士が所属するフランクフルトは、17日に行われたブンデスリーガ第29節でボルシアMGと対戦し、スコアレスドローで終わった。

 フランクフルトの地元紙『Frankfurter Rundschau』は同試合の採点と寸評を発表。フル出場を果たした長谷部に対して「Gut dabei(良い働き)」の評価をつけ、「良く走り、チームを前へと駆り立ると、自ら相手GKヤン・ゾマーに襲いかかることさえあった。チームを整え、ピッチ上のボスだった。どんどん良くなっていった」と同選手の姿勢を高く評価している。

 なお、乾はベンチ入りするも出場機会は訪れなかった。

 フランクフルトは次節、25日にアウェーで日本代表MF香川真司が所属するドルトムントと対戦する。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO

LIVE DATA