2015.04.16

クロップ監督に感謝するフンメルス「彼にふさわしい花道を飾る番」

フンメルス
フンメルス(左)とクロップ監督(右) [写真]=Bongarts/Getty Images

 15日、日本代表MF香川真司の所属するドルトムントを率いるユルゲン・クロップ監督が、今シーズン限りでの退任を発表した。クラブに所属するドイツ代表DFマッツ・フンメルスが同日、自身の公式インスタグラムを更新し、クロップ監督への思いを綴っている。

 フンメルスは「残念なことに、この素晴らしい日々は残り数週間で終りを迎える。僕はいつも、クロップ監督にとても感謝している。彼がこの数年間を素晴らしいものにしてくれたんだ。僕が思うに、これよりいい時代なんて存在しないよ」と、同監督へ感謝の気持ちを明かした。

 また、「今度は、彼にふさわしい花道を飾ってあげる番だ!」と投稿し、クロップ監督のために残りのシーズンを過ごすことを表明している。

 ドルトムントはブンデスリーガ第28節を終えた現在、10位に沈んでいる。しかし、DFBポカールではベスト4に進出しているため、同クラブでの最後のシーズンにクロップ監督がタイトルを掲げるチャンスは、まだ残っている。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング