FOLLOW US

敗戦を悔やむドルトムントDFフンメルス「内容で劣ったわけではない」

バイエルンに敗れ肩を落とすフンメルス [写真]=Borussia Dortmund/Getty Images

 日本代表MF香川真司が所属するドルトムントは、4日に行われたブンデスリーガ第27節でバイエルンと対戦し0-1で敗れた。ドルトムントのキャプテンを務めるドイツ代表DFマッツ・フンメルスが試合後にコメントしている。日本語版クラブ公式サイトが5日に伝えた。

 ここ7試合のリーグ戦で無敗だったドルトムントが、首位を走るバイエルンを、ホームのシグナル・イドゥナ・パルクに迎えて対戦。試合は、昨シーズンまでドルトムントに所属していたポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキに決勝ゴールを許し、ドルトムントが0-1で敗戦した。

 フンメルスは試合後、「バイエルンの方がずっと効率的だった。しかし内容で劣ったわけではないし、ほとんどの人がその意見に同意してくれると思う。バイエルンにゴールを脅かされたのも、2回しか思い出せないくらいさ。僕らのチャンスはもう少し多かったけど、不運にも0-1で敗れてしまった」と敗戦を悔やむと、「バイエルンから15回もチャンスをつくることは簡単じゃない。マルコ(ロイス)が(マヌエル)ノイアーと1対1になる決定機や、終了間際には際どいFKもあった」とチームのパフォーマンスを称えている。

 ドルトムントは次節、11日にボルシアMGとのアウェーゲームに臨む。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO