2015.04.03

ブンデス第27節、独誌が日本人選手8選手の先発出場を予想

内田篤人
シャルケでプレーする内田 [写真]=Getty Images

 ブンデスリーガ第27節を控え、ドイツ誌『キッカー』が各試合の先発メンバーを予想した。

 各国代表戦が終わり、2週間ぶりにリーグ戦が再開される同節。日本人選手では8選手が先発出場を予想された。

 4日に行われる試合では、ドルトムントの香川真司がバイエルン戦で、マインツの岡崎慎司がブレーメン戦でそれぞれ先発出場することが濃厚となった。また、長谷部誠乾貴士の所属するフランクフルトと酒井宏樹清武弘嗣の在籍するハノーファーの一戦では、日本人4選手が先発する見込みとなっている。

 一方、ケルンの大迫勇也長澤和輝はフライブルクとの試合でベンチスタート予想が伝えられ、シュトゥットガルトの酒井高徳もヴォルフスブルク戦で、先発から外れることが濃厚となっている。

 翌5日の試合では、シャルケの内田篤人がアウクスブルク戦で先発出場する見通し。細貝萌原口元気の所属するヘルタ・ベルリンはパーダーボルンと対戦するが、原口は先発、細貝はベンチスタートと予想されている。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
67pt
マンチェスター・C
51pt
レスター
48pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
40pt
バイエルン
36pt
ボルシアMG
35pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
レアル・マドリード
43pt
アトレティコ・マドリード
35pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
51pt
インテル
47pt
ラツィオ
45pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング