2015.03.15

ドルトは2戦連続スコアレス…ロイス「もっと良いプレーができたはず」

ドルトムント
2試合連続スコアレスドローとなったドルトムント 写真]=Bongarts/Getty Images

 日本代表MF香川真司が所属するドルトムントは、14日に行われたブンデスリーガ第25節で、FW大迫勇也とMF長澤和輝が所属するケルンと対戦し、スコアレスドローで終わった。ドルトムント所属のドイツ代表MFマルコ・ロイスが試合を振り返った。リーグ公式サイトが同日に伝えている。

 ロイスは試合後、「チャンスをものにできなかったし、今日の試合は本当にタフだった。僕らは試合を支配していたが、流動性を欠いて、ゴール前で十分チャンスを作ることができなかった」と試合を振り返ると、「今日はもっと良いプレーできたはずだ。ケルンが良いブレーをしていたが、僕らは前半、十分走っていなかったと思う」と語った。

 そして同選手は「もちろん、自分のパフォーマンスにはがっかりしている。僕らが臨んだパフォーマンスではなかった」と、自身を含むチームのパフォーマンスに納得していない様子を示した。さらに、「多くのチャンスを作らなければ、ゴールを多く奪うことはできない。ゴール前でより上手くボールをキープしなければならないね」と課題を挙げている。

 ドルトムントは18日にチャンピオンリーグ決勝トーナメント1回戦セカンドレグのユヴェントス戦に臨む。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
90pt
マンチェスター・U
74pt
リヴァプール
71pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
シャルケ
56pt
ドルトムント
54pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
83pt
アトレティコ・マドリード
72pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
85pt
ナポリ
84pt
ローマ
67pt
欧州順位をもっと見る