FOLLOW US

乾&長谷部がフル出場のフランク、マイアー弾2発で10人のHSVに勝利

マイアー(左から2人目)のゴールに喜ぶフランクフルトのメンバー [写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ第23節が28日に行われ、日本代表のMF長谷部誠とMF乾貴士が所属するフランクフルトとハンブルガーSVが対戦した。

 前節、長谷部を累積警告での出場停止処分で欠いて、マインツに1-3で敗戦したフランクフルト。一方で、ハンブルガーSVはここ2試合勝利がない。今試合は、フランクフルトがホームにハンブルガーSVを迎えての対戦となった。長谷部と乾は先発出場している。

 試合は開始2分、ハンブルガーSVにまずビッグチャンスが訪れる。カウンターを仕掛けたハンブルガーSVは、右サイドのアルチョムス・ルドニェフスが抜け出して独走。エリア内右からシュートを放つが、GKケヴィン・トラップが好セーブを見せる。

 簡単にDFラインを破られてしまったフランクフルトはその後、乾、アレクサンダー・マイアー、ルーカス・ピアソンの3人を中心にチャンスを作り攻勢に出る。9分、右サイドにいた乾からスルーパスを受けたピアソンが、エリア内右に抜け出して中央へ折り返すと、マイアーが合わせるが、シュートに力はなくGKヤロスラフ・ドロブニーは難なくキャッチ。

 すると11分、左サイドの乾からパスを受けたピアソンが、エリア内でヨハン・ジュルーに倒されてPKを獲得。12分にマイアーがGKの逆を突いてゴール右に決め、フランクフルトが先制に成功した。マイアーは今シーズンのリーグ戦で15点目となった。18分には乾がミドルシュートを放つが、枠の上に外れた。

 このまま前半終了かと思われたアディショナルタイム、エリア手前中央のニコライ・ミュラーの絶妙なスルーパスで、ゾルターン・シュティーベルがDFラインぎりぎりを抜け出し、フリーで左足を振り抜いてネットを揺らした。

 先制したフランクフルトだったが、前半終了目前でハンブルガーSVに同点弾を許し、1-1で折り返した。

 後半に入って54分、ピアソンがエリア内に向け仕掛けたが、ハンブルガーDFがカット。そのこぼれ球にエリア手前中央のマイアーが、ダイレクトでシュートを放つと、ゴール右下に決まり、フランクフルトが勝ち越しに成功した。マイアーはこれでリーグ戦16点目。

 64分、シュテファン・アイグナーが抜け出すところに、ハンブルガーSVのマティアス・オストルツォレクが後ろから倒してファール。オストルツォレクはこの日2枚目のイエローカードを受けて退場となった。フランクフルトが数的有利となる。

 78分にハンブルガーSVは隙をついて、味方のスルーパスでエリア内右に抜け出したマキシミリアン・バイスターがシュートを放つが、トラップが体を張ってセーブ。

 後半のアディショナルタイムに入って91分、ジルーがまたもエリア内でファールを犯したとしてPKを献上。マイアーがPKを蹴るが、クロスバーに直撃し、ハットトリック達成とはならなかった。

 試合はこのまま終了し、ホームのフランクフルトがハンブルガーSVに2-1で勝利した。乾と長谷部はフル出場している。

 フランクフルトは次節、8日にFW大迫勇也とMF長澤和輝が所属するケルンと対戦。ハンブルガーSVは、7日に日本代表MF香川真司が所属するドルトムントと対戦する。

【スコア】
フランクフルト 2-1 ハンブルガーSV

【得点者】
1-0 12分 アレクサンダー・マイアー(フランクフルト)(PK)
1-1 45分+2分 ゾルターン・シュティーベル(ハンブルガーSV)
2-1 54分 アレクサンダー・マイアー(フランクフルト)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA