2015.02.01

香川に出番なし…ドルトの再開初戦はスコアレスドローで最下位転落

香川真司
ベンチ入りするも出番のなかったドルトムントMF香川 [写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ第18節が30日に行われ、レヴァークーゼンと日本代表MF香川真司が所属するドルトムントが対戦した。

 リーグ戦3位のレヴァークーゼンが、ホームのバイ・アレーナに17位のドルトムントを迎えての一戦。香川はベンチスタートとなり、新加入のケヴィン・カンプル、負傷から復帰したマルコ・ロイスらが先発に入った。

 26分にドルトムントは、エリア前左でボールを受けたマルセル・シュメルツァーが自らシュートを放つがGKベルント・レノが難なくキャッチ。さらに28分に、同じ位置からヌリ・シャヒンがミドルシュートを放つが枠を捉えられなかった。32分、エリア手前右でFKを獲得したレヴァークーゼンは、ハカン・チャルハノールが直接狙うが、GKローマン・ヴァイデンフェラーが正面でキャッチ。

 39分にレヴァークーゼンは、カリム・ベララミがエリア内右に抜け出して、切り返しでDFをかわし、中央へマイナスの折り返しを入れる。そのボールにゴンサロ・カストロが右足で合わせるが、ライン上のマッツ・フンメルスが頭で弾いてゴールとはならなかった。

 前半はこのまま終了し、スコアレスドローで折り返す。

 後半に入って50分、味方がカットしたボールでエリア内右に抜け出したチーロ・インモービレが右足を振り抜くが、GKレノが弾き出した。71分にFKのクリアボールをエリア手前右でカンプルがシュートを放つと、エリア内中央のインモービレが反応し合わせるが枠を捉えられない。

 76分にレヴァークーゼンは、シモン・ロルフェスからのパスを受けたカストロがフリーでループシュートを狙うが、クロスバー上に外れた。84分にドルトムントは、相手がクリアしたボールをエリア手前からシャヒンがダイレクトでボレーシュートを放つが、わずかに枠の左に逸れた。

 試合は両チームが得点を奪えず、ドルトムントとレヴァークーゼンは後半戦の初戦をスコアレスドローで終えた。香川に出場機会は訪れなかった。なお、ドルトムントはリーグ戦4試合白星がなく、18位のフライブルクが勝利したため、最下位転落となった。

 レヴァークーゼンは次節、4日にMF細貝萌原口元気が所属するヘルタ・ベルリンと対戦。ドルトムントは同日、ホームにアウクスブルクを迎える。

【スコア】
レヴァークーゼン 0-0 ドルトムント

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
49pt
レスター
39pt
マンチェスター・C
32pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
33pt
ボルシアMG
31pt
ドルトムント
29pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
35pt
レアル・マドリード
34pt
セビージャ
31pt
欧州順位をもっと見る
インテル
38pt
ユヴェントス
36pt
ラツィオ
33pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング