2014.11.23

岡崎が終了間際に同点弾をアシスト…マインツ、引き分けに持ち込む

ベル,岡崎
同点弾を決めたベル(左)とアシストした岡崎(右) [写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ第12節が行われ、日本代表FW岡崎慎司が所属するマインツは、ホームでフライブルクと対戦した。岡崎は先発メンバーに名を連ねた。

 リーグ戦3試合勝ち無しのマインツは、パク・チュホがけがから復帰し、開幕戦以来の先発出場となった。一方連勝中のフライブルクは、前節から先発メンバー3人を入れ替えて試合に臨んだ。

 試合は、ホームのマインツが徐々にペースを掴み始める。9分、クリアボールを拾ったフニオール・ディアスがシュートを放つが、ボールは落ち切らず枠の上。直後の10分、岡崎に最初のチャンスが訪れたが、シュートは右に外れた。

 すると27分、マインツはペナルティエリア右側でフリーキックを獲得する。ヨハネス・ガイスがクロスをあげると、ディアスが右足で合わせてマインツが先制する。さらに28分、コーナーキックから再びディアスが合わせたが、これはわずかに枠を外れる。

 ここまでほとんどチャンスがなかったフライブルクだが、ワンチャンスをものにする。30分、右サイドでボールを受けたアドミル・メーメディのクロスを、ジョナタン・シュミッドが頭で合わせ、1-1の同点に追いつき前半を折り返す。

 後半に入ってもマインツが攻勢に出るが、決定機まで持ち込むことができない。すると58分、フライブルクはCKのチャンスを得ると、シュミッドのクロスをメーメディがヘディングで叩き込み、フライブルクが勝ち越しに成功する。

 69分、岡崎が競り合いで頭部を負傷したが、なんとか戦線に復帰する。続いて76分、右からのクロスに岡崎が合わせたが、シュートは枠を捉えきれなかった。81分、右からのFKを再び岡崎がシュートするも、ディフェンスに防がれてしまう。

 敗色濃厚となっていたマインツだが、ホームで意地を見せる。88分、CKのこぼれ球からクロスが上がる。ボールは岡崎に渡ると、ラインを割るすれすれから上げたボールがクロスバーをかすめ、シュテファン・ベルが押し込み同点に追いつく。

 このまま試合は終了し、マインツがなんとか引き分けに持ち込んだ。なお、岡崎はフル出場している。

【スコア】
マインツ 2-2 フライブルク

【得点者】
1-0 27分 フニオール・ディアス(マインツ
1-1 30分 ジョナタン・シュミッド(フライブルク)
1-2 58分 アドミル・メーメディ(フライブルク)
2-2 88分 シュテファン・ベル(マインツ

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
50pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
42pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
レアル・マドリード
45pt
アトレティコ・マドリード
44pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
52pt
インテル
43pt
欧州順位をもっと見る