2014.11.08

リーグ戦5連敗中のドルトに痛手…ロイスら主力2選手が胃腸炎で欠場か

マルコ・ロイス
今節、欠場が予想されるドルトムントのMFマルコ・ロイス [写真]=Borussia Dortmund/Getty Images

 日本代表MF香川真司が所属するドルトムントから、再び悪いニュースが聞こえてきた。

 7日、ドイツ紙『ビルト』が伝えたところによると、9日に開催されるブンデスリーガ第11節のドルトムント対ボルシアMGに、ドイツ代表GKローマン・ヴァイデンフェラーと同MFマルコ・ロイスの主力2名が、胃腸炎のため欠場する見通しだという。試合の前々日会見に臨んだユルゲン・クロップ監督が明かしている。

 同監督によれば「2人の炎症の具合は良くない」とのことで、リーグ5連敗中と絶不調に陥っている同クラブにとって、両選手の不在は非常に痛い。ましてや相手は現在18試合負けなしで好調を維持しているボルシアMGだ。

 しかし、それでもクロップ監督は選手を信じ、前を向く。

「順位表を見ると(我々には)非常に悪い状態だね。でも火曜日の(4-1で勝利したガラタサライ戦の)パフォーマンスを再び見せたい」

 昨シーズンの同カードではボルシアMGが2戦2勝している。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る