2014.10.05

13位に後退のドルト…香川には厳しい評価「ほとんど消えていた」

香川真司
ハンブルガーSV戦にフル出場したドルトムントのMF香川真司 [写真]=Borussia Dortmund/Getty Images

 ブンデスリーガ第7節が4日に行われ、日本代表MF香川真司が所属するドルトムントハンブルガーSVが対戦した。香川はトップ下で先発出場し、後半途中からは1列低い位置でプレーしたが、ドルトムントにはミスが多く目立ち、0-1で敗れた。

 ルール地域の地元紙『デア・ヴェステン』は試合後の採点で、ドルトムントの選手としては下から2番目となる「4.5」を香川につけ(1が最高、6が最低)、「開始から20分頃までは何回かアイディアのあるプレーを見せた。しかし…かなり珍しい例外ではあるけれども…その後はほとんど消え、終盤になっても効果はなかった」と、同選手について厳しい評価を下している。

 しかし地元の専門誌『レヴィーア・シュポルト』は、これとは対照的に、香川へ上から2番目となる「3-」をつけ、「彼はグッドな中盤のモーターだ。ボールを受ければ周囲へボールを展開し、味方にパスを通し続けていた。けれどもドルトムントの攻撃は、ただただ怖さがなかった。なぜなら彼が味方からボールを受けるシーンが、あまりにも少なかったからだ」とし、一定以上の評価を受けた数少ない選手の1人だった。

 ドルトムントはこれで順位を1つ落とし13位に後退したまま、2週間のリーグ中断期間に突入する。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る