2014.09.21

岡崎を“勝者のシンジ”と称える独メディア「実力を見せつけた」

岡崎慎司
ドルトムント戦でゴールを決めたマインツFW岡崎慎司(右)[写真]=Bongarts/Getty Images

 20日、ブンデスリーガ第4節がドイツ各地で行われ、日本代表FW岡崎慎司が所属するマインツは、MF香川真司とMF丸岡満が所属するドルトムントをホームに迎えた。岡崎はこの試合で2戦連続となる得点を決めチームを勝利に導き、暫定で得点ランキングのトップにも躍り出ている。

 マインツがあげた殊勲の勝利に、ドイツメディア各サイトも賑わいを見せている。

 専門誌『シュピーゲル』は「勇気のあるマインツ、ドルトムントを下す」と見出しを付け、「岡崎がドルトムントのセンターバック、ソクラティスとマティアス・ギンターの不注意を利用し、センタリングに合わせ先制点を決めた」と、岡崎の得点に言及。

 また専門誌『フォーカス』は「岡崎が香川を破った!マインツは“勝者のシンジ”を祝っている」とし、「シンジ対シンジは驚きの結果だった。マインツの岡崎が先制点を決めた一方で、ドルトムントにカムバックした香川は弱かった。ブンデスリーガは次なる“シンジ・ショー”を体験中だ。しかしそれは、ドルトムントのシンジ・カガワではなく、マインツのシンジ・オカザキ。片方の日本人は失望を与え、もう片方は実力を見せつけた」と2人を比較している。

 そしてDF内田篤人が所属するシャルケなどでプレーし、すでに現役を引退している元ドイツ代表DFクリストフ・メッツェルダーもCS放送『Sky』の中継番組内で「彼のボールキープはワールドクラスだった」とコメントし、岡崎に最大級の賛辞を送っていた。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング