FOLLOW US

混沌のマルセイユを救う2発! FWオーバメヤン「吹き荒ぶ嵐の中で僕たちは団結した」

2023.09.22

マルセイユを救う2得点を決めたFWオーバメヤン [写真]=Getty Images

 マルセイユのFWピエール・エメリク・オーバメヤンが、21日に行われたヨーロッパリーグ(EL)・グループB開幕節アヤックス戦を振り返った。同日、フランスメディア『オンズ・モンディアル』が伝えている。

 ウルトラス(応援団体)によるクラブ上層部に対する脅迫行為を受けて、マルセリーノ・ガルシア・トラル監督が20日付で退任するという前代未聞の事態が起こったマルセイユ。混沌に包まれるなかで行われたヨーロッパリーグ・グループB開幕節アヤックス戦では、最大2点差にまで開いた試合をFWピエール・エメリク・オーバメヤンの2ゴールなどで、3-3の引き分けに持ち込んだ。

 アムステルダムから勝ち点1を持ち帰ることに成功したマルセイユ。試合後、オーバメヤンは「全ての状況を踏まえれば、良い結果だ。相手はアヤックスでとても簡単な試合ではなかっただけに、ここで勝ち点を取れたことは素晴らしいこと。吹き荒ぶ嵐のなかで、僕たちは団結した。試合前に言ったようにね。全員が全力を尽くして得た勝ち点1だよ」と好意的に受け止めた。

 また、オーバメヤンは「もちろん、(ファンから)期待されていることはわかっていた。ハングリー精神にあふれた素晴らしい選手たちがいて、彼らは誰を信頼しても問題ないということをプレーで証明した。勝ちたかったけど、すべてが非常にポジティブ」と告白。続けて「年長者としての役割? このようなときは、勇敢に、ハングリーに、ステップアップを目指す姿勢を見せないと。ただね、できる限り道を示すけど、それはチーム全体の仕事でもあるんだ」と決意を示している。

 今週末のリーグ・アン第6節ではパリ・サンジェルマンと対戦するマルセイユ。敵地で行われる“ル・クラスィク”を制し、状況を好転させることはできるのだろうか。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO