FOLLOW US

プレミアリーグからは104名がEURO2024に参戦…最も多くの選手を輩出したクラブは?

2024.06.14

プレミアリーグからEURO2024へ参戦する選手たち [写真]=Getty Images

 欧州王者を決める4年に1度の祭典、EURO2024の開幕が迫っている。

 ドイツで行われる今大会は、現地時間14日、開催国のドイツ代表とスコットランド代表のオープニングマッチをもって幕が上がる。大会開幕直前となったなか、プレミアリーグが8日、同リーグからEURO2024に参加する選手のリスト一覧を公開した。

 今回、プレミアリーグが公開したリストは、2024-25シーズンの同リーグに籍を置く20クラブを対象としている。つまり、2023-24シーズンのプレミアリーグで降格の憂き目を見たルートン・タウン、バーンリー、シェフィールド・ユナイテッドの選手たちは対象外で、反対に同シーズンに自動昇格を決めたレスターイプスウィッチ、昇格プレーオフを勝ち抜いたサウサンプトンの選手たちはカウントされる。

 また、対象となるのは公開時点で2024-25シーズンに該当クラブで出場資格を有する選手たち。具体的には、2023-24シーズンに他クラブ・リーグへの1年間のレンタル移籍に出ていた選手たちは、保有元クラブの選手として数えられている。

 このような前提のもと、プレミアリーグが公開したリストによると、実に104名もの選手がEURO2024に参加することとなる。20クラブ中、EURO2024に出場する選手が所属していないクラブは、2001-2002シーズン以来22年ぶりのプレミアリーグ復帰を果たしたイプスウィッチのみ。残る“昇格組”のレスターサウサンプトンは、EURO2024出場選手を有するチームだ。

 それでは、今回プレミアリーグが公開したクラブ別のEURO2024出場選手リストを、輩出人数順に見ていこう。

【第1位】マンチェスター・シティ

■人数:14名

マンチェスター・シティ

(左から)フォーデン、デ・ブライネ、B・シルヴァ [写真]=Getty Images


ケヴィン・デ・ブライネ(MF/ベルギー代表)
ジェレミー・ドク(FW/ベルギー代表)
ヨシュコ・グヴァルディオール(DF/クロアチア代表)
マテオ・コヴァチッチ(MF/クロアチア代表)
ジョン・ストーンズ(DF/イングランド代表)
カイル・ウォーカー(DF/イングランド代表)
フィル・フォーデン(MF/イングランド代表)
ルベン・ディアス(DF/ポルトガル代表)
ベルナルド・シルヴァ(MF/ポルトガル代表)
ジョアン・カンセロ(DF/ポルトガル代表)※23-24シーズンはバルセロナへ期限付き移籍
マテウス・ヌネス(MF/ポルトガル代表)
ネイサン・アケ(DF/オランダ代表)
ロドリ(MF/スペイン代表)
マヌエル・アカンジ(DF/スイス代表)

 栄えある第1位に輝いたのは、2023-24シーズンのプレミアリーグで前人未到の4連覇を成し遂げたマンチェスター・シティ。実に14名もの選手を送り出している。レンタルに出ていたカンセロも含めて、ポルトガル代表に招集された選手が最も多くて4人。次いで母国・イングランド代表の3名となっている。

【第2位】アーセナル

■人数:11名

アーセナル

(左から)ジョルジーニョ、サカ、サリバ [写真]=Icon Sport via Getty Images、Getty Images


レアンドロ・トロサール(FW/ベルギー代表)
アーロン・ラムズデール(GK/イングランド代表)
デクラン・ライス(MF/イングランド代表)
ブカヨ・サカ(FW/イングランド代表)
ウィリアン・サリバ(DF/フランス代表)
カイ・ハフェルツ(MF/ドイツ代表)
ジョルジーニョ(MF/イタリア代表)
ヤクブ・キヴィオル(DF/ポーランド代表)
キーラン・ティアニー(DF/スコットランド代表)※23-24シーズンはレアル・ソシエダへ期限付き移籍
ダビド・ラヤ(GK/スペイン代表)
オレクサンドル・ジンチェンコ(DF/ウクライナ代表)

 マンチェスター・シティの14名には届かなかったものの、リーグ全体で2位となる11名を輩出したのがアーセナル。ラムズデール、ライス、サカとイングランド代表に3名が招集されたが、残る選手は全員が異なる国籍。実に9カ国もの代表選手を輩出しており、その“多彩さ”ではリーグトップに立った。

【第3位】リヴァプール

■人数:10名
リヴァプール
ヴィテスラフ・ヤロシュ(GK/チェコ代表)※23-24シーズンはシュトゥルム・グラーツへ期限付き移籍
ジョー・ゴメス(DF/イングランド代表)
トレント・アレクサンダー・アーノルド(DF/イングランド代表)
イブライマ・コナテ(DF/フランス代表)
ドミニク・ソボスライ(MF/ハンガリー代表)
コーディ・ガクポ(FW/オランダ代表)
ライアン・フラーフェンベルフ(MF/オランダ代表)
フィルジル・ファン・ダイク(DF/オランダ代表)
ディオゴ・ジョッタ(FW/ポルトガル代表)
アンドリュー・ロバートソン(DF/スコットランド代表)

 リヴァプールアーセナルより1名少ない10人を送り出している。ガクポ、フラーフェンベルフ、ファン・ダイクとオランダ代表選手が最多の3名だ。奇しくも、ここまでは2023-24シーズンのプレミアリーグの順位表とまったく同じ順番となっている。

【第4位タイ】チェルシーマンチェスター・ユナイテッド

■人数:8名
チェルシー

チェルシー

(左から)ククレジャ、パルマー、ムドリク [写真]=Getty Images


アルマンド・ブロヤ(FW/アルバニア代表)
ロメル・ルカク(FW/ベルギー代表)※23-24シーズンはローマへ期限付き移籍
イアン・マートセン(DF/オランダ代表)※23-24シーズンはドルトムントへ期限付き移籍
コナー・ギャラガー(MF/イングランド代表)
コール・パルマー(MF/イングランド代表)
ジョルジェ・ペトロヴィッチ(GK/セルビア代表)
マルク・ククレジャ(DF/スペイン代表)
ミハイロ・ムドリク(FW/ウクライナ代表)

マンチェスター・ユナイテッド
マンチェスター・ユナイテッド
クリスティアン・エリクセン(MF/デンマーク代表)
ラスムス・ホイルンド(FW/デンマーク代表)
コビー・メイヌー(MF/イングランド代表)
ルーク・ショー(DF/イングランド代表)
ディオゴ・ダロト(DF/ポルトガル代表)
ブルーノ・フェルナンデス(MF/ポルトガル代表)
スコット・マクトミネイ(MF/スコットランド代表)
アルタイ・バユンドゥル(GK/トルコ代表)

 8名を送り出したチェルシーマンチェスター・ユナイテッドが同数で4位に。当初、チェルシーの人数は7名だったが、11日にマートセンが追加招集。2023-24シーズンはドルトムントへ期限付き移籍していた若きサイドバックもEURO2024行きを決め、1名が追加された。なお、マンチェスター・ユナイテッドも10日、サポートGKとしてトム・ヒートンが帯同することが発表されているが、今回は登録選手に限定してカウントされている。

【第6位】ブレントフォード

■人数:7名

ブレントフォード

(左から)イェンセン、トニー、ヨルゲンセン [写真]=Getty Images


トーマス・ストラコシャ(GK/アルバニア代表)
ミッケル・ダムスゴー(MF/デンマーク代表)
マティアス・イェンセン(MF/デンマーク代表)
マティアス・ヨルゲンセン(DF/デンマーク代表)
クリスティアン・ノアゴール(MF/デンマーク代表)
イヴァン・トニー(FW/イングランド代表)
マルク・フレッケン(GK/オランダ代表)

 意外なことに、6位に入ったのは、2023-24シーズンのプレミアリーグを16位で終えたブレントフォード。“デンマーク率”が高く、現在のチームのカラーを表しているとも言えるだろう。ちなみに、GKを2名出しているのはブレントフォードアーセナルの2クラブのみ。ストラコシャは2023-24シーズンのチームでバックアッパーだったが、アルバニア代表では正GKとして起用される可能性が高そうだ。

【第7位】ブライトン

■人数:6名

ブライトン

(左から)ウンダヴ、ダンク、グロス [写真]=Getty Images


ルイス・ダンク(DF/イングランド代表)
パスカル・グロス(MF/ドイツ代表)
デニズ・ウンダヴ(FW/ドイツ代表)※23-24シーズンはシュトゥットガルトへ期限付き移籍
バルト・フェルブルッヘン(GK/オランダ代表)
ヤクブ・モデル(MF/ポーランド代表)
ビリー・ギルモア(MF/スコットランド代表)

 日本代表MF三笘薫が所属するブライトンが第7位。ダンクやグロスといった主力選手だけでなく、23-24シーズンはレンタル移籍先のシュトゥットガルトで公式戦19ゴールと“覚醒”したウンダヴも、ドイツ代表への滑り込みを果たしている。

その他

 輩出人数が5名以下となったクラブは、下記に記す。

 トッテナムが4名のみの輩出なっているのは驚きだが、スカッドの“欧州率”、イングランド代表候補に名を連ねていたMFジェームズ・マディソンの直前での落選に加えて、デヤン・クルゼフスキ(スウェーデン代表)やブレナン・ジョンソン(ウェールズ代表)といった選手の代表チームがEURO2024出場権を逃したことなどが背景にあると言えるだろう。

 また、クリスタル・パレスからは4名のイングランド代表選手が生まれたが、これは“スリーライオンズ”内で最多の数字だ。

【第8位】クリスタル・パレス

■人数:5名
クリスタル・パレス
ヨアキム・アンデルセン(DF/デンマーク代表)
エベレチ・エゼ(FW/イングランド代表)
マルク・グエイ(DF/イングランド代表)
ディーン・ヘンダーソン(GK/イングランド代表)
アダム・ウォートン(MF/イングランド代表)

【第9位タイ】アストン・ヴィラレスターニューカッスルトッテナムウェストハム

■人数:4名
アストン・ヴィラ

アストン・ヴィラ

ティーレマンス [写真]=Getty Images


ユーリ・ティーレマンス(MF/ベルギー代表)
エズリ・コンサ(DF/イングランド代表)
オリー・ワトキンス(FW/イングランド代表)
ジョン・マッギン(MF/スコットランド代表)

レスター

レスター

ファース [写真]=Getty Images


ヴァウト・ファース(DF/ベルギー代表)
マッズ・ハーマンセン(GK/デンマーク代表)
ヴィクトル・クリスティアンセン(DF/デンマーク代表)※23-24シーズンはボローニャへ期限付き移籍
ヤニク・ヴェステルゴーア(DF/デンマーク代表)

ニューカッスル

ニューカッスル

トリッピアー [写真]=Getty Images


ファビアン・シェア(DF/スイス代表)
アンソニー・ゴードン(FW/イングランド代表)
キーラン・トリッピアー(DF/イングランド代表)
マルティン・ドゥブラフカ(GK/スロバキア代表)

トッテナム

トッテナム

ヴィカーリオ [写真]=Getty Images


ピエール・エミール・ホイビュルク(MF/デンマーク代表)
グリエルモ・ヴィカーリオ(GK/イタリア代表)
ミッキー・ファン・デ・フェン(DF/オランダ代表)
ラドゥ・ドラグシン(DF/ルーマニア代表)

ウェストハム

ウェストハム

ボーウェン [写真]=Getty Images


ヴラディミール・ツォウファル(DF/チェコ代表)
トマーシュ・ソウチェク(MF/チェコ代表)
ジャロッド・ボーウェン(FW/イングランド代表)
アルフォンス・アレオラ(GK/フランス代表)

【第14位タイ】ボーンマスエヴァートンフルアムウルヴァーハンプトン

■人数:3名
ボーンマス

ボーンマス

クリスティー [写真]=Getty Images


イリア・ザバルニー(DF/ウクライナ代表)
ケルケズ・ミロシュ(DF/ハンガリー代表)
ライアン・クリスティー(MF/スコットランド代表)

エヴァートン

エヴァートン

ピックフォード [写真]=Getty Images


アマドゥ・オナナ(MF/ベルギー代表)
ジョーダン・ピックフォード(GK/イングランド代表)
ヴィタリー・ミコレンコ(DF/エヴァートン

フルアム

フルアム

パリーニャ [写真]=Getty Images


ティモシー・カスターニュ(DF/ベルギー代表)
ジョアン・パリーニャ(MF/ポルトガル代表)
サシャ・ルキッチ(MF/セルビア代表)

ウルヴァーハンプトン

ウルブス

ペドロ・ネト [写真]=Getty Images


ペドロ・ネト(FW/ポルトガル代表)
ジョゼ・サ(GK/ポルトガル代表)
ネルソン・セメド(DF/ポルトガル代表)

【第18位】ノッティンガム・フォレスト

■人数:2名

ノッティンガム・フォレスト

マンガラ [写真]=Getty Images


マッツ・セルス(GK/ベルギー代表)
オレル・マンガラ(MF/ベルギー代表)※23-24シーズン後半戦はリヨンへ期限付き移籍

【第19位】サウサンプトン

■人数:1名

サウサンプトン

ベドナレク [写真]=Getty Images


ヤン・ベドナレク(DF/ポーランド代表)

【第20位】イプスウィッチ

■人数:0名

ケルケズ・ミロシュの関連記事

【PR】EURO2024を楽しむなら
WOWOWオンデマンドがおすすめ

WOWOWオンデマンド


「WOWOWオンデマンド」とは、テレビやBS視聴環境がなくてもWOWOWのコンテンツを月額2,530円(税込)で楽しめるお得で便利なサービスです。

  1. EURO全51試合ライブ配信。GS17試合、決勝T全15試合は日本語解説実況付き!
  2. 「WOWOWオンデマンド」なら、いつでもどこでも好きなデバイスで視聴可能!
  3. スポーツ、映画、音楽、ドラマなど幅広いコンテンツが堪能できて月額2,530円!

【PR】AMEBAでEURO2024!
全51試合の無料生中継は日本史上初!

ABEMAでEURO2024配信

「ABEMA」とは、好きな時間に好きな場所で、話題の動画を楽しめる新しい未来のテレビ。登録不要でプレミアリーグを含む様々なコンテンツが無料で視聴できます。

ただし、さらに深く堪能するなら「ABEMAプレミアム」月額960円(税込)への加入がおすすめ。

  1. ABEMAプレミアムならスポーツ、エンターテイント番組がさらに充実!
  2. 追っかけ再生、見逃し配信などうれしい機能が利用できる!
  3. 初めてABEMAプレミアムに登録する方は無料トライアルで体験できる

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

SOCCERKING VIDEO